楽しい仮想通貨ライフ!

XRPはこれまでの損失を帳消しにして回復する見通し。次は何が起こる?

・XRPは、最近のSEC訴訟とその価格行動を揺るがす取引所上場廃止の猛攻で、ここ数日と数週間でいくつかの巨大な圧力に直面している。
・この仮想通貨は現在、いくつかの勢いを得ようとしている。中期的なトークンの傾向は間違いなく、買い手がその勢いを維持することができるかどうかに大きく左右される。
・そのファンダメンタルズ面での強さが日に日に弱くなっているため、XRPの価格は今後数週間にわたって継続的に下降する可能性が高い。
・取引量の少なさ、米国居住者向けのアクセスの制限、将来の見通しの不透明さなどが、今後の見通しの妨げになる可能性がある。

XRPは、この最近の仮想通貨高騰期において、最悪の成績を収めている主要なアルトコインの一つだった。0.25ドルの安値から0.90ドルの高値まで放物線的な高騰を見せた後、XRPは下降を始めることとなった。

この高騰のタイミングは、Sparkトークンのエアドロップの時期と一致し、XRPが数年ぶりに放物線的な動きを見せたために、非常に興味深いものだった。

高騰が落ち着き、その価格は0.50ドル前後で安定化したかと思いきや、SECはリップルに対して訴訟を起こし、未登録の証券提供を行っていることを告発した。

XRPは、ファンダメンタルズの弱さを増長する大きな圧力に直面

この記事を書いている時点で、XRPは0.24ドルの現在の価格で10%以上上昇して取引されている。これは、ほんの数日前に設定された0.17ドルのその週の安値からの大規模な急上昇をマークする。

暗号は0.20ドルのサポートレベルの上で安定しているが、この買い側のサポートがどこから来ているのかは不明のままだ。

Kraken以外にも、ほぼすべての主要な米国の取引所が今月末にトークンを上場廃止にする計画を発表している。

これにより、保有者は売却するか、リップルがSECとの訴訟に勝つことを期待して保有するか、分散型取引プラットフォームを利用するかのいずれかを余儀なくされることになる。

テクニカルブレイクアウトの結果としての高騰

XRPの大規模な動きは、テクニカルブレイクアウトとショートスクイーズ(踏み上げ)の組み合わせによって、一晩で上昇した可能性が高い。

信用取引プラットフォームのショートポジションの資金調達率は非常に極端で、これがこの高騰を説明しているかもしれない。

あるアナリストはまた、移動前に三角持ち合いのパターンを押していたことを指摘しており、これがスイングトレーダーからの買い圧力に火をつけた可能性がある。

XRP
出典:TradingView

今後数日間は、XRPの見通しにいくつかの深刻な光を当てる必要があり、その巨大なファンダメンタルズの弱さは、引き続き積極的に売却される事態を引き起こす可能性がある。

(翻訳元:bitcoinist

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign