不確実性が続く中、XRPはさらに多くの上場取引所を失う

XRPは、主要な暗号資産取引所から上場廃止されるというニュースに直面して、暴落を続けている。

XRPは、は過去24時間で20%以上下落しており、0.21ドルというここ数ヶ月間の最安値に達している。XRPはまた、過去7日間だけで55%下落しており、時価総額でトップ100の中で最悪の成績の仮想通貨となっている。

XRPは現在、時価総額で4番目の仮想通貨で、TetherのUSDTの時価総額を下回っている。

XRPはサポートを失う

Coinbaseの最高法務責任者Paul Grewal氏は、取引所が1月19日にXRPを上場廃止にすると述べている。

SECによるRipple Labs, Inc.に対する訴訟を受け、我々はプラットフォーム上のXRP取引ペアを停止することを決定した。取引は2020年12月28日午後2時30分(PST)からリミットのみに移行し、2021年1月19日(火)午前10時(太平洋標準時*)に完全に停止される。タイミングに変更があった場合を含め、追加のアップデートがあれば、CoinbaseサポートのTwitterアカウントを通じてお知らせする。

取引所によると、アルトコインの取引停止は「取引停止後も入出金機能が利用可能なXRPウォレットへの顧客のアクセスには影響しない」としている。さらに、顧客は以前に発表されたスパークのエアドロップの対象となる。”

これでCoinbase上のXRPは終わりということではないが、多くの人はこれをリップルへの強い打撃と見ている。

過去数年にわたってXRPの価格を上昇させてきた重要な要因の1つは、Coinbaseのようなアプリケーションや取引所によって可能になったXRPへの小売業者の関心であると主張する人もいる。

残りの市場を引きずり下ろす

多くの人がXRPの下落が他の暗号通貨の上昇を引き起こすだろうと考えていたが、そうではなかった。

先週の最初の下落時には、XRPの暴落により、Ethereumは650ドル台から570ドルまで下落した。ビットコインもまた、このアルトコインの下落を受けて強く下落した。

この1日のクリプトカレンシーの下落も例外ではなかった。

イーサリアムは今日の初めに740ドルと高値で取引されていたが、XRPが新たな数ヶ月間の安値を更新したため、今日は700ドル以下に下落した。

何らかの理由で、リップルに蓄えられていた資金は、その市場から他の暗号通貨に循環していない。これは、一部のトレーダーがXRPでの損失をカバーするためにポジションを清算しているという事実に関係しているかもしれない。

(翻訳元:newsBTC)

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

Litecoinはリップルの時価総額を抜き去り、XRP価格は上場廃止の波に乗って暴落を続ける

水 12月 30 , 2020
リップルに対するSECのセキュリティ訴訟は、XRPの価格が毎日のように暴落し続けているため、XRPの […]