【朗報】懐疑的な見方に反して、リップルはGoogle検索量と取引高でリードし続ける

昨年、仮想通貨(暗号資産)市場は、ステーブルコイン、スワップトークン、そしてChainlink [LINK]やTezos [XTZ]のような他の仮想通貨(暗号資産)通貨の台頭により、大規模な変化を遂げた。しかし、最も人気のある仮想通貨(暗号資産)の1つであるXRPは、価格のブレークスルーに失敗し、その輝きを失いつつあるようだ。

ベテランのチャートアナリストでありトレーダーでもあるピーター・ブラント氏は、ChainlinkとXRPのトレーダーの比較をこうツイートした。

“買った人はみんな最終的にXRPが詐欺だと思っていますよ”

アルトコインをめぐる懐疑的な見方は、特に伝統的なトレーダーの間で高くなっている。一方で、アルトコイン投資家による、特にXRPに対する軽蔑的な見解は、XRPの実際の使用と市場での取引高の矛盾に火をつけている。

それにもかかわらず、XRPのGoogle検索量は今日でもEthereumを上回っている。それは、ビットコインキャッシュ[BCH]やライトコイン[LTC]を含むほとんどのアルトコインや、チェーンリンク[LINK]やテゾス[XTZ]のような最近の実績のあるアルトコインよりも高くなっている。

google trend xrp ethereum
グーグルの検索トレンド。XRP(青)、Ethereum(赤)、Chainlink(黄)、Tezos(緑)

さらに、XRPでの送金額もEthereum[ETH]経由の送金額よりも高くなっている。しかし、USDTのような安定コインの送金額はEthereum上で大幅に増加しており、Bitcoinの送金額を上回ることさえある。

xrp ethereum value transfer
送金額の比較:@XRP(グレー)vs.Ethereum(パープル)

さらに、Litecoin[LTC]や最近ではBitcoin[BCH]などの他の決済トークンと比較した場合の送金額もXRPの方が高くなっている。最近ではBCHが半減期後にかなり下落したため、Bitcoin Cash [BCH]の値動きを上回った。

したがって、XRPとブロックチェーン上での送金をめぐるセンチメントは、引き続き有望性を示している。しかし、ステーブルコイン供給の成長(米ドルステーブルコインの供給は現在90億ドルを超えている)と取引高は、XRPと他の支払いに焦点を当てた仮想通貨(暗号資産)の価値提案に影響を与える可能性がある。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)