【朗報】懐疑的な見方に反して、リップルはGoogle検索量と取引高でリードし続ける

昨年、仮想通貨(暗号資産)市場は、ステーブルコイン、スワップトークン、そしてChainlink [LINK]やTezos [XTZ]のような他の仮想通貨(暗号資産)通貨の台頭により、大規模な変化を遂げた。しかし、最も人気のある仮想通貨(暗号資産)の1つであるXRPは、価格のブレークスルーに失敗し、その輝きを失いつつあるようだ。

ベテランのチャートアナリストでありトレーダーでもあるピーター・ブラント氏は、ChainlinkとXRPのトレーダーの比較をこうツイートした。

“買った人はみんな最終的にXRPが詐欺だと思っていますよ”

アルトコインをめぐる懐疑的な見方は、特に伝統的なトレーダーの間で高くなっている。一方で、アルトコイン投資家による、特にXRPに対する軽蔑的な見解は、XRPの実際の使用と市場での取引高の矛盾に火をつけている。

それにもかかわらず、XRPのGoogle検索量は今日でもEthereumを上回っている。それは、ビットコインキャッシュ[BCH]やライトコイン[LTC]を含むほとんどのアルトコインや、チェーンリンク[LINK]やテゾス[XTZ]のような最近の実績のあるアルトコインよりも高くなっている。

google trend xrp ethereum
グーグルの検索トレンド。XRP(青)、Ethereum(赤)、Chainlink(黄)、Tezos(緑)

さらに、XRPでの送金額もEthereum[ETH]経由の送金額よりも高くなっている。しかし、USDTのような安定コインの送金額はEthereum上で大幅に増加しており、Bitcoinの送金額を上回ることさえある。

xrp ethereum value transfer
送金額の比較:@XRP(グレー)vs.Ethereum(パープル)

さらに、Litecoin[LTC]や最近ではBitcoin[BCH]などの他の決済トークンと比較した場合の送金額もXRPの方が高くなっている。最近ではBCHが半減期後にかなり下落したため、Bitcoin Cash [BCH]の値動きを上回った。

したがって、XRPとブロックチェーン上での送金をめぐるセンチメントは、引き続き有望性を示している。しかし、ステーブルコイン供給の成長(米ドルステーブルコインの供給は現在90億ドルを超えている)と取引高は、XRPと他の支払いに焦点を当てた仮想通貨(暗号資産)の価値提案に影響を与える可能性がある。

(翻訳元:CoinGape.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

Facebookの仮想通貨(暗号資産)Libraはモデルに欠陥あり:元IMFエコノミスト発言

火 4月 28 , 2020
国際通貨基金(IMF)の元上級政策顧問は、リブラと連邦準備制度理事会との関係が不明確であるために、米国が100年以上前に捨てたのと同様の緊急プロトコルを採用するよう提言した。