【フィンテック】世界はブロックチェーンに屈するのか?

blockchain

2009年ビットコインが誕生して以来、ブロックチェーンは世界中の新技術とデジタル通貨の革新を導いている。


しかし、信じられないほどの成長を遂げたにもかかわらず、ブロックチェーンはいまだに技術的な先人たちと同じ尊敬を得るために戦っている。この技術の進歩を信じておらず、現代の世界での採用を受け入れようとしていない人も少なくない。

調査会社のPwCは昨年、経営幹部を対象に調査を実施したところ、84%の人が自社で何らかの形でブロックチェーンを利用していると答えた。しかし、回答した45%の人たちは、テクノロジーの利用者間の信頼関係の欠如が主な懸念事項であると発表している。この問題がほとんどの国での普及を妨げており、多くの人が利用を検討する前に技術の規制を待っているという。

マルタ島(マルタ共和国)はブロックチェーンを導入し、規制可能な最初のフレームワークを作り、世界初の「ブロックチェーンの島」と称されている。

ドイツは、採用を確立する前に異なるルートを取っている。彼らは、コンサルテーションのプロセスを開始することで、ブロックチェーンをより理解しようとしている。ブロックチェーンの規制が導入されるようになれば、多くの政府がこの技術を支持するようになるだろうが、それまでは多くの政府がこの技術の使用に積極的ではないようだ。

驚くべきことに、過去1年間でブロックチェーン開発者の需要が517%も増加している。多くの人が今、経験と知識が著しく不足しているために、技術の教育を推進しており、それに時間とお金を投資しようとしている多くの企業にとって大きな障壁となっている。

ケンブリッジ・ブロックチェーン・フォーラムや、バークレー校のブロックチェーンのような教育イニシアティブのようなものがある今、ブロックチェーンへのアプローチは、もはや技術的な面だけで挑戦する必要はない。これらの新しい学習施設は、この技術を採用しようとしている投資家、開発者、経営者にこそ注目され、利用されるべきだろう。

ブロックチェーンは過去のイノベーションとそれほど変わらず、何百万人もの生活を変え、世界をより良い方向に変えようとしている。

ブロックチェーンが世界にどのような影響を与えるのか、見守る必要があるが、多くの注目を集めている昨今、ブロックチェーンがベストを尽くすことに期待しよう。

(翻訳元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)