【コラム】何故ビットコインの最大供給量は2100万枚なのか

仮想通貨ビットコインはデフレ通貨として有名だ。その総流通量の上限は2100万枚であり、決して変更することはできない。上限を設ける理由については多くの人が議論してきたが、ナカモト・サトシがなぜ2100万枚を上限として選んだのかについてはほとんど知られていない。


幸いなことに、私たちはこの疑問をよりよく理解するために、ビットコインの初期の頃の多くの文書を参照することができる。まず、流通しているsatoshiの総数(2100万BTC x 100,000,000,000)はIEEEの浮動小数点数だ。この数字はコンピュータのオペレーティングシステムで一般的に使われており、これは計算をはるかに簡単にしてくれる。

本質的に考えると、2100万が選ばれたのは、計算がより簡単になるからだ。また、21は三角形の数でもあるので、特に魅力的だ。例えば、1ブロックの上に2ブロック、2ブロックの上に3ブロック・・・同様にして・・・5ブロックの上に6ブロックを積み上げると、合計21(1+2+3+4+5+6=21)ブロックの正三角形を作ることができる。

しかし、2100万枚という基準には他にも理由がある。サトシのアーカイブされたメッセージの中で、謎のビットコイン創始者はそれを “難しい選択 “と呼んでいる。”一旦ネットワークが動いてしまうとロックインされてしまい、それに囚われてしまうからだ。” と。この件についての彼の完全な声明は以下の通りだ。

「世界の商業活動の一部に使われていると想像すると、全世界で2100万枚のコインしかないので、単位あたりの価値はもっと高くなるだろう。値は小数点以下8桁の64ビット整数なので、1コインは内部的には100000000として表される。典型的な価格が小さくなれば、粒度は十分にある。例えば、0.001が1ユーロの価値がある場合、小数点の表示位置を変更した方が簡単かもしれない。」

このような初期の文章から、サトシはビットコインが世界通貨である可能性を積極的に考えていた。しかし、「なぜ2100万枚なのか」という疑問は、結局のところ、ある数字を選ばなければならなかったという事実に帰結することができ、2100万という数字は、コンピュータにおいて計算しやすい要素をすべて備えていて、理想的な候補となった。したがって、2100万 を上限にするという選択は、部分的には合理化されたものであり、部分的には恣意的に行われたものである。

(翻訳元:BeinCrypto

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)