ビットコイン価格が急落から7000ドルに急反転した理由

Translated from: Aayush Jindal

ビットコインは、対米ドルで月次高値の7,447ドルから下落を開始した。BTC価格は、重要な7,000-7,100ドルの需要ゾーンを試し、最近の損失を戻した。

ビットコインは7,500ドル以上の利益を伸ばすことができず、対米ドルで下落した。ブルは7,000ドルのサポートエリアを守っており、その結果、再び上昇した。BTC/USDペアの1時間ごとのチャートでは、7,200ドル付近をサポートとする大きな強気のトレンドラインが形成されている(クラーケンのデータフィード)。同ペアは、近いうちに7,500ドルと7,800ドルに向けて上昇を続ける可能性が高い。

ビットコインはグリーンゾーンのまま

昨日は、ビットコインが米ドルに対して7,000ドルと7,200ドルのレジスタンスレベルを超えて強い上昇を見せた。BTCは7,400ドルレベルを突破したが、7,500ドル以上の利益を伸ばすのがやっとだった。

7,447ドル付近で月足の新高値が形成され、価格は下落した。7,200ドルのサポートエリアを下回った。しかし、ブルは7,000~7,100ドルの需要ゾーンを守ることができ、価格は100時間ごとの単純移動平均線の上で安定していた。

ビットコインはちょうど反転し、現在は7,200ドルレベルで取引されている。7,447ドル高値から7,085ドル安値までの最近の下落の50%Fibリトレースメントレベルの上に明確なブレイクがあった。

それは$7,350エリアまたは$7,447高値から$7,085安値への最近の下落の76.4%のFibリトレースメントレベルを試している。BTC/USDペアの1時間足チャート上では、7,200ドル付近をサポートとする主要な強気のトレンドラインが形成されていることはさらに重要だ。

7,400ドルレベルを上抜けた場合、価格は7,447ドルの高値を突破する可能性がある。当面の抵抗は7,500ドルレベル付近にあり、このレベルを超えると、7,800ドルと8,000ドルの抵抗レベルに向かって押し出すための扉が開く可能性がある。

Dipsはサポートされたまま


下降局面では、7,200ドルを皮切りに多くのサポートが存在している。ビットコイン価格は、短期的には7,200ドルと7,100ドルの上で十分に取引され続ける可能性がある。

主なサポートは現在、$7,080レベル付近に形成されているが、その下では、ベアは$7,000サポートと100時間足SMAを試し始める可能性がある。これ以上の損失は、価格を6,900ドルのブレイクアウトゾーンに導く可能性がある。

テクニカル指標:
1時間足MACD – MACDは現在、強気ゾーンで勢いを増している。
1時間ごとのRSI(相対力指数) – BTC/USDのRSIは50に戻っている。
主要サポートレベル – 7,200ドルに続いて7,100ドル。
主なレジスタンスレベル – 7,400ドル、7,500ドル、7,800ドル。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)