楽しい仮想通貨ライフ!

【ビットコイン創始者】日本の天才、謎の「ナカモト・サトシ」とは?

ビットコインは日本の天才、ナカモト・サトシ(中本聡史)が発明したとされている。

しかし、ナカモトが実際に誰なのかは誰も知らない – そして、中本であることを決定的に証明する説得力のある人物は誰も名乗り出ていない。最近では、テスラやスペースXの創業者であるイーロン・マスク氏ではないかと推測する人が増えている。

ビットコインは2008年に中本氏がオープンソースの論文をオンラインで公開し、中央銀行を必要とせずに使えるように設計されたデジタル通貨の新しい形を紹介したことから始まった。当初の価値は1ペニー以下だった。しかし、今では1コイン5万ドル以上にまで高騰している。

中本氏のコードが示すように、新しいビットコインは、インターネット上にある複雑な計算を、非常に強力なコンピューターを使って解くことで作られている。これを行う人は、採掘者(マイナー)と呼ばれている。無限に鋳造できる伝統的な通貨とは異なり、ビットコインの流通数は2100万個という限られた数が採掘された後はもう2度と新たなビットコインが生まれることはない。

本物のナカモトと噂されている人たちを紹介しよう。

イーロン・マスク

Elon Musk
イーロン・マスク氏は、ビットコインの生みの親であるサトシ・ナカモトであることを否定している。

ロケットを作って宇宙空間に爆破しているマスク氏の「SpaceX」で元インターンをしていたサヒル・グプタ氏は、ウェブサイト「Medium」で “サトシはおそらくイーロンだ “と推測している。

マスク氏はこれを否定しているが、Medium で指摘されているように、彼はおそらく “So a man took a s-t. “のアナグラムであるペンネームとして、これを並び替え、Nakamoto Satoshiを選択したのではないかと言われている。

彼がビットコインの創設者であるかどうかにかかわらず、テスラが15億ドル相当の仮想通貨を購入したとき、マスク氏は仮想通貨に強気な姿勢を見せた。これは、テスラが「近いうちに」ビットコインでの購入を受け入れるようにするための動きの一環だった、とマスク氏は述べている。

実際、その過程で、マスク氏とテスラは2021年2月8日にビットコインの価格を16%も押し上げ、当時としては記録的な44,801ドルにまで上昇させた。

Twitterもビットコインへの投資を検討している。「我々は、彼らがビットコインで支払われるように要求する必要がある我々は従業員を支払うかもしれない方法を検討するための先行的な思考の多くを行ってきた」と Twitterの財務責任者, ネッド-シーガルはインタビューでCNBCに語った。「ベンダーがビットコインでの支払いを求めてきた場合、どのように支払うか、またバランスシートにビットコインが必要かどうかを検討する。」

仮想通貨は非常に不安定なもので、シーガルの漠然とした信念の表明だけでビットコインは10%も上昇した。

ギャビン・アンドレセン

Gavin Andresen
ソフトウェア開発者のギャビン・アンドレセン氏も、自分はビットコインの生みの親ではないと語っている。

マサチューセッツ州を拠点とするソフトウェア開発者であるアンドレセンは、中本氏とともにビットコインの開発に携わった。アンドレセンの文章は中本氏の文章に酷似していると言われており、2010年に中本氏がプロジェクトを去ったとされるビットコインのオープンソースコードの「コアメンテナー」となった。

そのため、中本氏が「脱退」したのではなく、アンドレセン氏がナカモト・サトシとの二重人格状態を放棄しただけではないかという見方もある。

アンドレセンのビットコインに対する知識は非常に深く、ソフトウェア開発者のツイッターの投稿によると、彼はCIAに仮想通貨のチュートリアルを提供したという。アンドレセン氏はビットコイン財団の支援団体でフルタイムで働き、自身のウェブサイトでは、「初期の頃にビットコインに取り組んでいた人たちがとんでもなく裕福だと思い込むのは “悪い思い込み “だ」と主張している。

アンドレセン氏は中本氏であることを否定しており、他のプロジェクト開発者も自分は中本氏ではないと述べている。

ヴィリ・レードンヴィルタ

Vili Lehdonvirta
フィンランドのレードンヴィルタ教授はビットコインの背後にいるのか?彼は違うと言っている。

ニューヨーカー誌の記事で取り上げられた中本氏の正体を早くから知っていたレドンヴィルタ教授は、フィンランドに拠点を置く元ビデオゲームデザイナーである。彼はオンライン・プライバシーを推進するフィンランドの団体の顧問を務めていた。やはり、中本氏ではないという。

ポール・ルルー

Paul Le Roux
プログラミングの卓越した才能があり、凶悪犯罪の首謀者でもあるポール・ルルーの名前は、本物のナカモト氏としても浮上している。

闇市場版アマゾンを目指したジンバブエ生まれの犯罪の首謀者であるルルーは、2014年に麻薬密売、イランへの技術販売、いくつかの殺人事件への参加などの罪を認めた。2020年、彼は25年の実刑判決を受けている。

彼はコンピューターコードの執筆に精通している。ルルーと彼の犯罪についての本「The Mastermind」の著者であるエバン・ラトリフは、ビットコイン関連の訴訟でルルーが言及されていることを知った。それがきっかけで、ラトリフは自分の本の主題を中本氏に結びつける証拠を探すことになった。

「ルルーは、ビットコインを作ったのは誰なのかという謎を解き明かしてくれた」とラトリフ氏はワイアード紙に書いている。

しかし、ラトリフ氏はその後、証拠のほとんどが偶然の一致に起因するものであることを認めた。

ニック・サボ

Nick Szabo
ニック・サボ氏は、仮想通貨の研究で知られている。

暗号通貨の研究を専門とするアメリカのコンピュータ科学者であるサボ氏は、かつて「ビットゴールド」と呼ばれる分散型通貨を発明したが、それを運用に移すことはなかった。彼の理論的なアイデアは、ビットコインに酷似していた。このことから、彼が本物の中本氏になる可能性があると考える人もいる。しかし、サボ氏は否定している。

結局サトシは誰なのか?

ナカモトが誰であろうと、ニューヨーク大学で金融の教授を務めるアスワート・ダモダラン氏は、「彼は今、億万長者だ。彼は100万以上のビットコインを保管しているから。」と言う。 そして、彼はこのビットコインの伝説の作り手の知名度の低さに驚いていない。「ビットコインは、偏執的なオタクによって、偏執的なオタクのために設計されたものだからね。」

少なくともビットコインのおかげで、偏執的なオタクの中には、新しい豪邸やテスラを買えるほどの金持ちもいるのは、間違いない。

(翻訳元:NYpost

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。