【疑問】仮想通貨の「ホワイトペーパー」って何?

デジタル金融資産の世界には独特の特徴があり、珍しい用語もある。例えば、「ホワイトペーパー」という言葉を聞いたことがあるかもしれないが、実際にはどのような意味があるのだろうか。


ホワイトペーパーとは、仮想通貨(暗号資産)の技術的な側面を説明した文書のことで、プロジェクトの責任者を示すだけでなく、仮想通貨(暗号資産)が解決しなければならない問題とそれに対処する方法を提示し、トークンの生成と流通の戦略を記述したものだ。要するに、技術マニュアルとマーケティングプランをミックスした事業計画書ということになる。

ただし、これらの情報を紙にまとめただけでホワイトペーパーだと思ってはいけない。この文書は信じられないほど複雑で、マニアの理解を保証するような書き方をすることができる人は非常に少ないのだ。

ホワイトペーパーの内容

ホワイトペーパーには以下の内容が必ず含まれている。

  • 市場の問題点
  • ソリューションと製品
  • 競合他社と市場規模
  • 主要な投資情報
  • トークンの技術解説と利用事例
  • プロジェクト開発・立ち上げまでのスケジュール
  • ICO戦略(トークンの総数、発行枚数、分配金、時価総額、トークンのリリースフェーズ、決済処理、トークンの展開など
  • 資産の法的側面
  • 責任あるチーム
  • マーケティング戦略

適切なホワイトペーパーが作成されれば、開発チームは製品の構築に取り組むことができ、ビジネスサイドはICOキャンペーンの立ち上げ前から一貫したスピーチで潜在的な投資家に話しかけることができます。

投資家向けホワイトペーパーとは?

仮想通貨(暗号資産)に関するホワイトペーパーは、潜在的な投資家を説得してポットにお金を預けるために使用される書類の一つだ。これは、問題のクリプトカレンシーに関連する目的や価値、その他の詳細を説明した文書だ。投資家の疑問にも答えてくれるのが理想だ。

今、課題となっているのは 仮想通貨(暗号資産)に関する規制が少なく、また、仮想通貨(暗号資産)は比較的新しいものであるため、これらの技術文書には厳密なルールがありない。仮想通貨(暗号資産)ホワイトペーパーの要件が本当に正しいかどうか」を確認するための標準的な仕組みや十分な検証方法がないのだ。

仮想通貨の新興企業への投資を計画しているのであれば、「買い手に用心するというコンセプトに従いましょう」と、WritinityとLast Minute Writingのクリプトライター、カレン・M・ジョセフ氏は言いる。あなたの研究をしてほしい。潜在的な投資家に提供されるホワイトペーパーを読む。

サービスと可能性のある問題の特定

デジタル通貨を作成するだけではなく、クリプトカレンシーの機能も充実している。ホワイトペーパーでは、明確な商品やサービスを定義する必要がある。漠然としすぎている場合は注意が必要だ。製品やサービスに関する知識は、クリプトカレンシーが倫理的にも有益と考えるものに基づいているかどうかを判断するのにも役立つ。

ホワイトペーパーでは、製品やサービスを提供するだけでなく、その理由を説明する必要がある。言い換えれば、どのような問題が解決されたのか?その質問に答えた後、もう一つの重要な質問に焦点を当て続けることができます。他にどのような企業がこれらの問題を解決しているのか?競合は誰なのか?を説明する必要があるのだ。

仮想通貨の取引所と流通

株などの金融商品のように、仮想通貨(暗号資産)を売買できる公式の取引所はありない。そのため、誰でも公式の制裁を受けているとは言えない。しかし、利用しているクリプトカレンシーの取引所が有名で、状態が良いかどうかは確認しておく必要がある。買い圧力とは、金融商品を買いたいという需要のことだ。

この場合、金融商品を売りたい需要に比べて、クリプトカレンシーだ。これを知ることで、ドルトークンの成長性を予測することができます。ホワイトペーパーでは、「最終的にどのようにトークンが流通するのか」を明確に示す必要がある。

DraftBeyondとResearchpapersukのビジネスブロガーライターであるNoreen J. Reddick氏は、「ほとんどの場合、ICOで利用可能なトークンの総数と、プロジェクト全体で利用可能なトークンの総数が記載されているでしょう」と述べている。これらのトークンをオーナーシップチームと初期投資家の間でどのように分配するかをホワイトペーパーで決めなければならない。

新しい仮想通貨(暗号資産)への投資に興味があるかどうかを判断するためにホワイトペーパーを読む際には、これらのホワイトペーパーはいかなる法律や規制によっても支持されていないことを覚えておいてほしい。さらに、それらはあなたの投資に関心を持っている民間団体によって書かれている。これは、ホワイトペーパーが不誠実であることを意味するものではありないが、慎重に読み、分析力を駆使して判断する必要がある。

(翻訳元:cryptodairy.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)