【衝撃】大富豪ウォーレン・バフェット氏、今あるビットコインを全部買えてしまう?

ビットコインは比較的若いため、ビットコインを取り巻く市場はまだやや小さく、総規模は1645億ドルとなっている。

これを考慮すると、世界一著名な投資家ウォーレン・バフェット氏は約1370億ドルを持っていることになり、流通しているBTCをすべて購入することができる(理論的には)ギリギリのところまで来ていることになる。

需給の市場力学が仮想通貨(暗号資産)の価格に影響を与えないという考え方を前提としているため、この可能性に関する数字は少し欺瞞的だ。

ビットコインは過去10年間でかつてないほどの成長を遂げ、オンラインフォーラムで一部の人だけが知っているニッチなアイデアから、数百万人が利用する主流のデジタル通貨へと急速に変化し、大手の機関投資家をも魅了している。

このような成長の大きさにもかかわらず、デジタル資産を取り巻く市場はまだ比較的小さい。

このことは、ウォーレン・バフェットのような信じられないほど裕福な個人の純資産と比較して、その時価総額を見ながら明らかになっている。

ウォーレン・バフェット氏は、理論的にはビットコインの流通量のほぼすべてを購入することができる

ベンチマークとなっているクリプトカレンシーの時価総額は、現在1645億ドルに達している。

これは非常に大きな数字ではあるが、特に新興市場としては、伝統的な市場で見られる資本の大きさに比べれば、はるかに小さい数字だ。

例えば、金の時価総額は約9兆ドル、銀の時価総額は5000億ドルから1兆ドルの間だ。

しかし、ビットコインには、これらの物理的資産に欠けている1つの特徴がある:それは絶対的な希少性だ。この暗号資産のデフレ構造は、2,100万BTC以上のBTCが存在しないことを意味する。

現在の規模では、一人の個人が、理論的には流通しているビットコインをすべて購入できる可能性がある。

ツイッターでは「ポンプ」の愛称で知られるアンソニー・ポンプリアーノ氏は、最近のツイートで、投資家の伝説的存在であるウォーレン・バフェット氏の莫大な富を指摘しながら、この可能性について考察している。

「ウォーレン・バフェットは1370億ドルの現金を持っている。それは、流通している全てのビットコインを購入するのにほぼ十分だ」

バイナンスCZ氏「そうはならんやろ」

理論的にはこのようなことが起こる可能性があるが、それは誰もがビットコインを現在の価格で販売しているという前提に立っての話だ – つまり需要と供給の原則を無視した可能性の話だ。

BinanceのCEOであるCZ氏はポンプ氏に反論し、この可能性はすべてのBTC投資家が一斉に販売することを決定した場合にのみ満たされると指摘している。ポンプ氏はこの点に同意すると述べている。

「これは数学の誤魔化しだ。そのようなことは、すべてのビットコインホルダーが現在の価格で販売することを望んでいる場合にのみ可能であり、明らかにそのようなことは起こり得ない。悲しいかな、バフェット氏はビットコインのごく一部しか買えないだろうし、その際には非常に高い価格になってしまうだろう」

と説明している。

とはいえ、ポンプ氏が持ち出したポイントは、現在ビットコインを取り巻く市場がどれだけ小さく、どれだけ成長の余地があるかということに光を当てているといえるだろう。

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)