イーサリアムとバイナンスの創設者がイーロン・マスクの「テスラの株価は高すぎる」ツイートに反応

テスラのCEOであるイーロン・マスク氏が、テスラの「株価が高すぎる」と述べた最新のジョークツイートは、このツイートの数分後にTSLAの株価が下落し、多くの物議を醸し出した。


イーサリアムのヴィタリック氏がマスクのツイートに反応

イーサリアムの共同創設者ヴィタリック氏は、テスラのトップが株式市場の無謬性と非合理性を証明することに成功したかもしれないと主張するマスクの最近の物議を醸しているツイートについてコメントした。


本当に@elonmuskのtwitterがハッキングされていたらいいのに、それしか説明がつかない。

@_gabrielShapir0

これに対する返信として、ヴィタリック氏は

え、私の知る限りでは、彼は株式市場がジョークであることを証明するために着手し、成功したように見えるよ。

@VitalikButerin

と反応し注目を集めた。


テスラの株価は2020年だけで85%以上も急騰し、2020年2月19日に917ドルという史上最高値を記録した。これにより、同株は現在、1月の初値~3500ドルから130%以上も上昇して取引されているビットコイン(BTC)との比較を引き寄せている。1年間の素晴らしい上昇に続いて、イーロン・マスクのツイートは、株式市場での「論倒れ」の古典的なケースである可能性がある。

5月1日に送信されたイーロンのツイートにより、TSLAの株価は1時間の間に10%以上も急落した。

一部のアナリストは、イーロンのツイートはアメリカで実施されたロックダウンに対する直接的な攻撃であり、意図的に株価を暴落させたのではないかとさえ噂している。

チャート1:TSLA vs SPX 500の4月のパフォーマンス(出典:TradingView)

しかし、マスクはこのツイートを通じてTSLAの市場の反発力をテストし、株式が史上最高値を更新したように、多くのアナリストが近い過去に指摘してきたことをよく説明しているのかもしれない。

“ビットコインを売るにはまだ安すぎる?”


現在ビットコインが非常に割安になっているというコメントに対するイーロン氏の反応と、BTCの購入を希望している可能性があるということで、コミュニティ全体で話題になっている。BinanceのCEOであるChangpeng Zhao氏は、ビットコイン(BTC)の現在の価格に関する世論調査をツイートし、圧倒的な数の参加者がBTCが現在の価格8,800ドルで過小評価されていると考えていることを明らかにした。

#btcの価格が低すぎるのかな?

62% イエス
38% ノー

12,682票-最終結果

しかし、ユーロキャピタルのCEOであるピーター・シフ氏は、ビットコインが過小評価されているという考えに激しく反論した。 最上位通貨を掘り下げて、金の虫はBTCの本質的な価値の欠如を考慮して、「売るには安すぎることはない」と述べている。

“何をもって安すぎると言っているのか?確かに売るには安すぎるということはないかもしれない。しかし、ビットコインの本質的価値の欠如を考えると、ビットコインの価格が低すぎることはあり得ない。

ユーロ・キャピタルCEO ピーター・シフ

BTCは3月12日に最悪の暴落を経験したにもかかわらず、過去4ヶ月間で金の11%に対して35%の利益を記録し、金の年間リターンを圧倒している。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)