ブロックチェーンの特許トロール問題をめぐりイーサリアム創始者とビットコインSV創始者が激論

パテントトロールまたは特許トロール(英: patent troll)は、一般的には定義が困難であるが、自らが保有する特許権を侵害している疑いのある者(主にハイテク大企業)に特許権を行使して巨額の賠償金やライセンス料を得ようとする者を指す英語の蔑称

パテント・トロール - wikipedia

Ethereum創始者のVitalik Buterin氏が、ブロックチェーン特許のポートフォリオを巡って、Bitcoin SVの創始者であり自らがナカモトサトシであると主張者するCraig Wright氏をあからさまに叩き、Twitter上で激しい議論を巻き起こした。

Buterin氏は、ブロックチェーン特許を自慢する人はブロックチェーンを理解していないと述べた。

Wright(nChainのチーフサイエンティスト)は、nChainは800件以上のブロックチェーン特許を申請し、50件から100件の特許を取得していると主張している。この特許ポートフォリオは、ビットコインキャッシュからライトニングまでのブロックチェーンプロジェクトに法的な脅威を与えており、批判者は、ブロックチェーンのオープンソースの性質に反しており、パテントトロールの一形態であると主張している。

Vitalik Buterin

彼を知り己を知らざる

Coingeekの創設者でWrightの師匠でもあるCalvin Ayre氏は、Buterin氏はブロックチェーンを理解していないと述べ、EthereumはICO詐欺を培ってきたプラットフォームだと主張することで反撃した。

そこから会話は発展し、Buterinが「BSVはスケールしない」と言い、Ayreが「この[会話]は馬鹿げている」と反撃し、様々なBSVとEthereumの支持者が参加している。

DragonchainのCEOであるJoe Roets氏は、ブロックチェーンのオープンソース哲学と特許制度の両方を支持するブログ記事を発表することに触発された。Dragonchain DApp Eternalもまた、削除や検閲が決してできないDragonchainブロックチェーン上でのButerinのコメントを不滅のものとした。

Dragonchainブロックチェーン上に永久保存されたButerin氏のツイート

なぜnChainは特許を熱望しているのか?

ビットコイン協会の会長であるジミー・グエン氏(元nChainのCEO)は3月に、実際に出願された特許の数は666件に達したばかりだと語った。彼は、ブロックチェーン・コミュニティの懸念を表明した。

オンラインの荒らしの主張はこうだ:Craig氏は世界征服のための探求の一環として、ビットコインとブロックチェーン全体の特許を取得しようと必死になっている。

ジミー・グエン

しかし、元弁理士のグエン氏は、ブロックチェーン企業が自社の技術を特許化しようとするのは当然のことだと述べています。

他の賢明なビジネスと同様に、適切な場合には知的財産権を確保することで投資を保護したいと考えています。努力と多大な費用をかけて、nchainは世界最大で最高品質のブロックチェーン特許ポートフォリオを作成してきました。

しかし、Craig Wrightは、2月にビットコインのフォークやアルトコインを制御するために、次のように述べた。

“基本的には、もし私が実際に…ブロックチェーンのふりをして出てくる分裂やフォークやアルトコイン詐欺を止めたいと思ったら、特許取得を開始することしか考えられませんでした。”

Craig Wright

Peter Mckormack氏、Roger Ver氏、BinanceのCZ氏など、暗号資産軒圏の主要人物は皆、nChainの特許ポートフォリオについて懸念を表明している。

(翻訳元:cryptopost.com)

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

他のアルトコインが高騰してもリップルがその恩恵を受けられない3つの理由

金 4月 24 , 2020
最近はビットコインに注目が集まっているにもかかわらず、XRPや他のアルトコインのが高騰するのではないかという噂はここ数週間で大きくなっている。
ripple