【朗報】イーサリアム2.0、7月にローンチ予定!

1

Coindeskの記者とのインタビューの中で、ヴィタリック・ブテリン氏は、一連の延期の後、イーサリアム 2.0が7月にローンチされることを確認した。


追記:このインタビューの翌日、ヴィタリック氏は「7月」は聞き間違えだったとして、イーサリアム2.0のローンチ日が「7月」であることを明確に否定した。

最大の仮想通貨(暗号資産)イベントであるビットコイン半減期が発生した1日後、イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリン氏はインタビューの中で、イーサリアム 2.0のロードマップが明確かつ正確になったことを確認した。フォークでは、イーサリアムがスケーラビリティのような根本的な技術的課題のいくつかを解決し、セキュリティの向上も7月に行われる予定だ。

ヴィタリック・ブテリン氏がイーサリアム 2.0について語ったこと

実装されると、イーサリアム 2.0は、採掘者が複雑なアルゴリズムを解いて報酬を得るというプルーフ・オブ・ワーク(PoW)のシステムを残し、台帳の安全性を確保することになる。今後は、コインの所有者が所有権を持つための別のコンセンサスが展開される。

このアイデアは、2015年にネットワークが立ち上がって以来、イーサリアムのコミュニティにあった。これはゲームチェンジャーになると同時に、主にスマートコントラクトやDapp業界でイーサリアムが大量に採用されるための触媒としても機能すると期待されている。

ブロックチェーンは現在、本質的にアップグレードされたイーサリアムネットワークのようなものであるBinanceのスマートコントラクトやDappsシステムとの厳しい競争に直面している。ほとんどの開発者は、この2つのシステムが相互運用可能であることを念頭に置きながら、様々なプラットフォームから選択することができるようになりた。

イーサリアムは、トランザクション数の過負荷の影響を受けて、高額なトランザクション手数料が発生している。それは2017/2018年のクリプトバブルで起こったもので、過去最高を更新した。イーサリアム2.0のスケーラビリティのレベルは、ネットワークが将来のあらゆる種類の活動の急増に対処することを可能にする。

ブテリン氏によると、イーサリアムの開発者はブロックチェーン上のシャーディングに取り組んでおり、これはコンセンサスを効果的に小さなグループに分割して検証時間を短縮するものだという。彼らは現在、レイヤ2のソリューションであるオプティミスティック・ロールアップをテストしており、理論的には毎秒1000トランザクション以上に拡張することが可能だという。

イーサリアムの裏側

当初、フォークは2020年1月に行われる予定だったが、遅延により第3四半期に延期された。イーサリアムコイン保有者は、今年に入って2つの主要なイベントを経験することになり、市場価格がさらに上昇すると予想されている。

イーサリアムは、本稿執筆事にはビットコインが半減してから1.47%増しの、約190ドルで取引されていた、昨日、時価総額は210億ドルを超え、24時間の取引量は200億ドルとなっており、これはシステムの活動が急増していることを示している。すぐに価格は新高値を目指して高騰することになるだろう。

しかし、進行中のコロナウイルスは、暗号資産の繁栄への大規模な障害となっている。トレーダーは投資するかどうかを決定する以前に、この未知かつ重要なファンダメンタルズを判断しなければならないだろう。

明るい面では、暗号資産市場は、ほとんどの伝統的な株式市場が下落しているにもかかわらず上昇しており、それ故にほとんどの投資家の信頼を得ることに成功している。

(翻訳元:Coinspeaker

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



One thought on “【朗報】イーサリアム2.0、7月にローンチ予定!

Comments are closed.

Next Post

【テクノロジー】ビットコインキャッシュのアップグレードまで2日前!その内容を紹介

水 5月 13 , 2020
5月15日、ビットコインキャッシュ(BCH)ブロックチェーンがアップグレードされ、最長のチェーンに少なくとも3つの新機能が追加される。