中国はビットコインを電子元に置き換えるのか?米上場自動車メーカーNIOがビットコイン決済の広告を削除

中国当局は企業にビットコインの代わりに電子元を受け入れることを強要しているのか?今日の非常に珍しいケースでは、中国発の米国上場の電気自動車メーカーであるNIOは、そのディーラーでビットコイン決済サービスを提供するために広告を出して、突然完全に広告を削除した。最初にビットコインの広告がデジタル通貨に置き換えられ、その後、不審なことに削除された。

このビットコインは2017年以来のオールタイムハイを突破し、2万ドルの壁を突破した後も1日おきに新たなATHを記録し続けている。ビットコインは、それがいくつかの取引所で29,300ドルを記録した後、今日は別の新高値を記録した。

ビットコイン決済サービスを提供するNIOの計画は非常に野心的に見えるが、多くの人は、彼らがビットコインに対する中国の厳格なルールのために彼らのビットコイン決済サービスを取り戻す必要があるだろうと信じている。中国市場からの独占的なニュースをもたらす人気のTwitterハンドルであるWu Blockchainは、NIOのビットコイン計画について報告し、広告を遡る可能性についても警告している。

速報です。米国上場の中国の電気自動車会社NIOがビットコイン決済をサポートすると発言。しかし、中国中央銀行はクリプトカレンシーをCNYに置き換えて決済することを認めていません。このマーケティングはすぐに削除される可能性が高い。

NIOが「ビットコイン」を「デジタル通貨」に記載変更するもビットコインシンボルはそのまま

自動車メーカーがビットコインについての広告を変更するという予測は、ビットコインをデジタル通貨に変更したにもかかわらず、ビットコインのシンボルはそのままだったので、すぐに実現した。


中国政府は、国家の不換紙幣とは別に、任意の外貨の使用に対して非常に厳しい規制方針を持っているので、この決定は予想されていた。2018年に中国人民銀行総裁は、いかなるデジタル通貨も決済ツールとして使用できないことを明確にしていた。電気自動車メーカーはすぐに反発を受けて微博(ウェイボー)から広告を削除した。

2020年のビットコインは、多くの上場企業の国庫資産として選択されることが判明し、機関投資家によるヘッジ資産として使用され、プロアスリートはビットコインでの給料の受け取りを開始している。

中国政府は現在、貿易の国際通貨として使用したいと考えている主権国家のデジタル通貨の立ち上げに向けて取り組んでおり、不換紙幣であれビットコインであれ、他の通貨の使用は厳しく禁止されている。

(翻訳元:coingape

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

アスリートへの給与支払いをビットコインで?

木 12月 31 , 2020
今、NFLの強豪であるキャロライナ・パンサーズの攻撃的なラインマン・ラッセル・オカン氏は、それはしば […]