【朗報】3度目の半減期で、ビットコインは「進化」する【仮想通貨】

3回目のビットコイン半減まであと3日を切ったことで、特にビットコインが10,000ドルの鐘を鳴らしたことで、ビットコインが爆発的に高騰するのではないかという噂は間違いなく急増した。


このレベルに到達したことは、ある意味、コミュニティの大部分に自信を植え付けた。特に価格が9,000ドルから3,000ドル台まで下落し、その後10,000ドル台まで急上昇したことで、今回の半減期は十分に期待できると言えるだろう。大規模な変化を遂げたのは価格だけではなく、ファンダメンタルズも同様だ。

資産としてのビットコインは、長年にわたって成長している。特に、この3年間で過去8年間よりも成長している。ビットコインは、その上に複雑で革新的な製品が構築され、広く注目され、採用されるようになった。ビットコインの「微調整」の瞬間とは、不況に見舞われた経済から無傷で脱出したことだ。

その「微調整」にあたる、3月に50%もの価値を喪失することになった”暗黒の木曜日 “は一瞬だったが、他の資産クラスが苦戦している間に、BTCは元のレベルに回復し、それを上回っている。これは主にBTCのファンダメンタルズの強化によるものであり、過去2回の半減期はそれにかなりの割合で関与している。さらに、今回の3回目の半減は、ビットコインが他に類を見ない資産クラスとして進化するための第一歩となるだろう。

ここで重要なのは、私たちが知っていた経済の風景はもう存在しないということだ。何兆ドルもの米ドルを刷るなど、目に見えない金融政策が行われている今、新たな資産クラスが必要とされているのだ。金はパンデミック後に間違いなく急騰するであろう安全な資産だが、ほとんどの資産は新常態を認識していないだろう。

チューダー投資法人の創設者であり、マクロ投資家でもあるポール・チューダー・ジョーンズ氏は、彼のTelegraphの中で、これから襲来するであろう「大金融インフレ」について述べている。その中で、彼はビットコインのエコシステムに足を踏み入れる決断をしたことを説明した。彼は、ビットコインの「希少性プレミアムの真髄」が、BTCを所有する決断の原動力になっていると説明した。彼は付け加えた。

「それは文字通り、世界で唯一、固定された最大供給量が知られている大規模な取引可能な資産だ。」

ビットコインの価格が半減の3日前に1万ドルを突破したことで、BTCは圧力下で上昇する驚異的なパフォーマンスを発揮している。それゆえ、ビットコインの3度目の半減期はその進化であり、その後には、金よりもパフォーマンスが高く、横行するインフレや他の金融政策に対するヘッジとして機能する安全な資産クラスになるだろう。

(翻訳元:ambcrypto

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【悲報】中国によるビットコインの中央集権化が進行、半減期でグローバル化が進むか?

日 5月 10 , 2020
あらゆる行動、特に市場に課せられた行動には、通常、「見える効果」と「見えない効果」の2つのタイプがある。ビットコインの半減期の場合、目に見える効果は暗号資産の価格の変化であり、目に見えない効果はハッシュレートの分布の動きになる。