【要チェック】5月の仮想通貨(暗号資産)イベントカレンダー

コロナウイルスの現状が未だ解決には程遠いため、多くの暗号資産界隈のイベントがオンラインに移行している。オンラインの暗号イベントへの参加に興味がある方は、リストを読み続けてほしい。トレーダー諸兄はファンダメンタルとしても活用されたい。

以下は、5月にオンラインで行われるトップの暗号資産イベントだ。

DeFi Discussions

DeFi Discussions

イベント開催日:2020年5月01日~04日

DeFi Discussions カンファレンスは今回で 4 回目となるが、今回は完全にバーチャルで行われるため、特別なものとなる。このオンラインの暗号資産イベントは、開発者がより良いDeFi製品を作成するのを支援し、トレーダーが暗号資産を取り巻く技術をよりよく理解できるようにすることに焦点を当てている。

イベントで発表されるトピックには、ビットコイン、クリプト、DeFi、セキュリティ、データ、プロトタイピング、規制、スケーラビリティなどがある。

参加者はクラウドキャスト経由でログインすることで参加できますが、帯域幅の問題からスポットが制限され、制限に達した後はストリーミングに参加できなくなる。


ブロックチェーンとクリプトカレンシーに関するIEEE国際会議

IEEE International Conference on Blockchain and Cryptocurrency 2020

イベント開催日:2020年5月02日~06日

IEEE International Conference on Blockchain and Cryptocurrency in 2020 (ICBC 2020) は、IEEE Communications Society (ComSoc) が後援する会議の第 2 回目の反復で、暗号とブロックチェーン技術に焦点を当てている。

アジェンダは、基調講演、チュートリアル、査読付きホワイトペーパーによるプレゼンテーション、トップ企業、オープンソースプロジェクト、研究者によるデモンストレーションで構成される。

ICBC 2020は、ブロックチェーンとクリプトカレンシーの分野に適用可能なイノベーション、規制、政策、アプリに関連する事項に焦点を当てる予定だ。


Ready Layer One

Ready Layer One

イベント開催日:2020年5月04日~06日

Ready Layer Oneは、仮想設定でその参加者間の相互作用を促進するオンラインの暗号イベントだ。イベントのプログラムには、業界のリーダーやコミュニティの人々からのディスカッション、ワークショップ、暴言などが含まれている。

このイベントは、ハッカソン、カンファレンス、マスタークラスセミナーのクロスオーバーで、開発者や他のIT専門家が参加して、分散型ウェブのためのツールを作成することができる。

ここで調達したデータをもとに、具体的な事例に取り組み、実際のコードをライブ形式で使用することで、次世代のレイヤ1プロトコルを使用した分散型アプリケーションの作成方法を開発者に伝授する。


イーサリアムバーチャルサミット2020

イベント開催日:2020年5月07日~08日

Ethereal Virtual Summit 2020

Ethereal Summitは、様々な業界の人やスタートアップが参加し、直接交流するプラットフォームだ。開発者、投資家、起業家は、Ethereum、ブロックチェーン、分散化の最新動向についての会話に焦点を当てる。


コンセンサス2020

イベント開催日:2020年5月11日~13日

Consensus: Distributed

コンセンサスは、業界最大級の年に一度のクリプトイベントだ。今年のコンセンサスは、人気のある暗号ニュースサイト Coindesk が主催し、誰もが自宅から参加できるように、また COVID 19 の拡散を防ぐために、完全にバーチャルな形で開催される。

このイベントでは、BinanceのCZ氏など、業界の大物が一堂に会し、刺激的な討論や刺激的な会話に参加する。


COVIDathon:COVID-19に対抗する分散型AI

イベント開催日:2020年04月01日~2020年06月01日

COVIDathon: Decentralized AI against Covid-19

SingularityNETとOcean Protocolが主催するDecentralized AI Allianceは、AIやブロックチェーンプロジェクトの開発者がCOVID-19との戦いのための分散化ツールを共有し、他の将来のパンデミックを防ぐことができるオンラインの暗号イベントだ。

 “私たちの目標は、COVID-19との戦いで団結することだ。一緒に私たちは、COVID-19と戦うためにAIやブロックチェーンを使用してオープンソースのコードを開発し、起動することができ、将来の感染症の発生からリスクを軽減し、COVID-19パンデミックの状況に対処する。”

ハッカソンは 2 ヶ月のコース上で実行され、それは 2 つのフェーズに分割される。フェーズ 1は2020 年 4 月 30 日まで、フェーズ 2は2020 年 6 月 1 日までだ。

プロジェクトはチームでも個人でも提出することができ、審査員パネルによって審査される。


BlockConf

イベント開催日:5月25日

BlockConf Digitalは、ブロックチェーン技術の発展のために情熱と洞察力を共有するために、業界のリーダー、学者、ブロックチェーン愛好家を世界中から歓迎する2日間のノンストップ・オンラインの暗号資産イベントだ。

参加者は、仮想ブースのビデオチャットルームにアクセスしたり、e-ワークショップに参加したり、e-コーヒー休憩室で話をしたり、VIP e-ミーティングルームでプライベートミーティングを予約したり、その他の活動に参加したりすることで、暗号資産業界の最大手企業の代表者と交流することができるようになる。

「私たちは、会議市場が新しいシナリオへと変貌を遂げ、どれほどのスピードで適応しているかを見て、非常に興奮している。BlockConf DIGITALは、このトレンドに参加するための私たちの2セントであり、オンライン・ネットワーキングの全く新しいコンセプトでさらに前進する。」

「BlockConf Digitalは、ネットワークをコミュニティに戻し、カンファレンスのフォーマットを完全に再構築するための私たちの方法だ。ブロックチェーンのベテランだけでなく、新参者も歓迎しています」

まとめ

今年の5月に開催されるオンラインの暗号イベントのいくつかを取り上げた記事はこれで終わりだ。これらのイベントはすべてオンラインで開催されることを考えると、特に無料のイベントに参加したい場合は、すべてのイベントに参加することができる。

(翻訳元:coindoo.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)