【価格予測・悲報】仮想通貨のトップ3、全て暴落してしまう

暗号資産市場は、先週の強気の動きを受けて、再び下落に転落している。週末のセッションは、ほとんどの主要な暗号資産が新たに発見されたサポートエリアの上で安定していた。

ビットコイン価格は9,000ドル以上を突破することはできなかったが、8,700ドル以上で推移した。イーサリアムは200ドル以上の上昇を維持することはできなかったが、200ドル台をキープしていた。一方、リップルは0.22ドル以下で失速したが、週末のセッションでは買い手が0.21ドル以上を維持した。

相場に弱気が戻ってきたのか?

先週末とは大きく異なる状況が続いている。イーサリアムは5%を超える損失を出しており、弱気の動きをリードしている。日中の高値である210ドルから、198ドルで推移している。下方では、ボラティリティが高い中でトレンドが弱気になっている間に、日中の安値が195ドルに達している。

これらの暗号資産が3~7%の損失を出しているため、暗号資産全体が下落となっている。例えば、Ethereum Classic (-5.58)、Monero (-5.31%)、Bitcoin Gold (-6.5%)、EOS (-6%)、Dash (-5.15%)、Litecoin (-4%)などだ。

BTC/USD price chart
BTC/USD価格チャート by Tradingview

ビットコイン価格は、執筆時点で8,608ドルで取引されている。直近の10,518ドルから安値3,856ドルまでの間にある61.8%のフィボと200日線SMAの合流点のサポートに注目が集まっている。相対力指数(RSI)は先週の買われ過ぎレベルからの後退の真っ最中だ。急激な下降勾配は、弱気のグリップがきつくなっていることを意味している。その他のサポートエリアとしては、50日SMAが7,000ドル、フィボが38.2%の6,412ドルが期待される。

(翻訳元:CoinGape.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)