チャートの「残忍な」パターン:にじりよる大規模暴落

Chainlink

2019年を通して見られたChainlinkの巨大な強気は2020年にも波及し、1月と2月の市場全体の上昇トレンドにより、この仮想通貨(暗号資産)は新たな史上最高値を更新した。ここ数週間の強烈な弱気に直面しても、LINKはいくつかの放物線的なモメンタムを発生させることができた。

Chainlink(チェーンリンク)とは? Chainlinkとは、SmartContract社によって開発され、 2017年11月に公開された、 ミドルウェアの役割を果たすプラットフォームです。 通貨の略号には、LINKが用いられ、 発行上限は、10億枚となっています。

https://crypto-currency-camp.com/archives/1050

しかし、この勢いは、仮想通貨(暗号資産)は現在、下落のいくつかの兆候が見えるため、あまりにも長くは続かないかもしれない。現在のチャートは290ドルの高値から一気に暴落したEthereumのパターンに酷似しているのだ。

もしこのパターンがETHの場合と同じように展開された場合、Chainlinkはすぐに、新たな年初来安値をマークすることになるかもしれません。

Chainlinkに短期的な下落の兆候


この記事を書いている時点で、Chainlinkは現在の価格3.37ドルで4%以上も取引されており、昨日の3.11ドルの安値からの注目すべき上昇をマークしている。

しかし、過去数日を通してビットコインによって見られる上昇は、このベンチマークの仮想通貨(暗号資産)が現在7,000ドル付近の強いレジスタンスラインに接近していることで、LINKのようなアルトコインを強化するのに十分であった。

ビットコインはChainlinkにある程度連動して動くする傾向が認められるものの、それぞれは独立した勢いを発生させるため、仮想通貨(暗号資産)の動向に留意することが重要だ。

1人の人気トレーダーは、短期的には、仮想通貨(暗号資産)の価格行動は、現在3.00ドル半ばでの強い抵抗から、そのサポートに向かって2.80ドルへ低下すると予想していることを指摘している。

「私は、米ドルとBTCチャートの両方がレジスタンスラインにあるので、このLINKをショートしている。私は一般的にスペース内の最も強気の通貨をショートするのが好きではないが、この時点で私はそれが良い選択だと思っています。」

下のチャートを指しながらトレーダーは指摘した。

Crypto Chainlink LINK

仮想通貨(暗号資産)の重大サインを示すパターン

このトレーダーが、LINKが300ドル近くの年初来の高値から下落する前にEthereumで見られたものと同様のテクニカルパターンを形成していると考えていることに注意するべきかもしれない。

別の人気トレーダーは、2つの仮想通貨(暗号資産)のテクニカルパターンの横並び比較を参照しながら、ツイートでこの可能性について話しており、顕著な類似性があると指摘している。

今後数日間は、この弱気の可能性を検証する必要があるが、仮想通貨(暗号資産)はすぐに年間累計の安値をリードする大規模な下落の可能性があるということだ。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)