【悲報】ビットコイン、もう上がらんかも:3,000万ドルの売りの壁を突破できるか?

ここ数日の価格行動は、間違いなくビットコインにとってポジティブなものとなっている。数週間にわたって勢いを構築した後、ビットコインはついに今週、10,000ドルを突破し、10,100ドルの高値をつけた。


この最初の突破以来、BTCは減速している。ビットコインは、この12時間の間、1万ドルのパーセンテージポイント内で取引されており、かろうじて強気と弱気がぶつかり合っているように乖離している。

この乖離は、上昇サイドへの切迫した突破を示唆しているとの見方もあるが、10,000ドルの上には急速に成長している売りの壁がある。これは、ビットコインがここから上に移動するのは非常に困難であることを示している。

ビットコインに立ちはだかる巨大な売りの壁

クリプトファンドAdaptive Capitalの元アナリストであるNik Yaremchuk氏によると、ビットコイン価格の上には大規模な売り圧力が構築されているという。

Bitfinexのオーダーブックを分析し、現在の価格10,010ドルから10,230ドルまで、約3,000BTC(3,000万ドル)相当のセルサイドポジションがあると指摘している。

今後数時間の間にBTCが本当に買いに失敗した場合、売りの壁によって強く否定される可能性がある。壁は、それがオーダーブックにある限り、暗号資産市場の抵抗として機能する。

Bitcoin sell walls

別のトレーダーの指摘によると、OKExでは10,200ドルまで約1,000BTCの同様の売り壁があったという。このことから、上記の壁は偽装ではなく、市場の大物プレイヤーからの深刻な売り圧力であることが示唆されている。

弱気のサインはこれだけではない。

NewsBTCの以前の報道によると、あるトップアナリストは、ビットコインの2日間のチャートで、トム・デマーク・シーケンシャル(TDシーケンシャル)が “9 “を表示したと指摘している。これは、2020年第1四半期のブルランのピークである10,500ドルで最後に見られた。その後、3,700ドルに向けて60%以上の急落があった。

“9”の TD シーケンシャルキャンドルは、以下のチャートで証明されているように、しばしば市場の反転ポイントで見られている。

Bitcoin TD bearish

強気派は突破できるか?

売りの壁が立ちはだかっているが、投資家はビットコインが最終的に突破する可能性に賭けている。

5月5日、Glassnodeのデータを引用して、Willy Woo氏は、ビットコインの大口保有者(1,000枚以上のコイン)の人口が、1月から強く増加していることを指摘した。これは、これらのユーザーが “堅実な蓄積モード “に入っていることを示しており、”マクロ的に強気 “なトレンドとなっている。

“クジラの人数が増加しているのが目撃されています。彼らは新型コロナウイルスの暴落に動じず、1月以来、堅実な積み立てモードに入っている。これはマクロ的に強気です」とWoo氏は下のチャートを参考に語っている。

彼らの楽観主義は、ビットコインのファンダメンタルズの強さの継続的な急上昇に関係しているようだ。

ちょうど昨日、億万長者のマクロ投資家であるポール・チューダー・ジョーンズ氏が、自分のファンドがビットコインを買うことを明らかにした。

ジョーンズ氏は、彼の見方からすると、現在進行中のマクロ経済の背景にあるトップのクリプトカレンシーであるビットコインは、1970年代の金を不気味に彷彿とさせると説明した。投資家は、主観的にはビットコインを不換紙幣、金、金融資産の中で最悪の価値の貯蔵庫と見ているが、彼は暗号資産を “レースの中で最速の馬 “と見ていると付け加えた。

(翻訳元:NewsBTC

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【悲報】半減期後に送金遅延、手数料増の予測…【ビットコイン】

土 5月 9 , 2020
世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所BitMEX(ビットメックス)は、来るべきビットコインの半減期、マイナーが直面する可能性のあるトラブル、そしてそれがユーザーに与える意味合いについての最終的な声明を発表した。