楽しい仮想通貨ライフ!

100万ドル以上を保有するビットコインのアドレスが10万個を到達

100万ドル以上のビットコインアドレス

現在のビットコインの波は億万長者の到来を告げるものとなっており、このアセットはわずかな修正を経験しているにもかかわらず、より多くの投資家を魅了し続けている。

Finboldが取得したデータによると、2021年2月22日までに100万ドル以上のビットコイン残高を持つアドレスは109,952件に達している。このうち約9,200のアドレスは、それぞれ約1,000万ドルの残高を持っている。残りの100,752個のアドレスは、それぞれ100万ドルの残高を持っている。

その他の場所では、10万ドルの価値のあるビットコインを持つアドレスが48万956個あり、約220万個のウォレットが1万ドルの価値のあるビットコインを保有している。他にも650万のアドレスがそれぞれ1,000ドルの価値のある残高を持っている。アドレスの最大グループは、100ドルのビットコイン残高が1,508万件となっている。

参考:イーロン・マスク氏、ビットコイン時価総額1兆ドル突破後に「ビットコインは高いな」と発言

世界をリードするデジタル資産の匿名性のため、アドレスの所有者を特定することは不可能だ。しかし、100万ドル以上のビットコインを保有するアドレスは、機関投資家やアーリーアダプターのような大規模な資本の流れを持つ投資家のものである可能性が高いだ。特筆すべきは、1人のビットコイン保有者が複数のアドレスを持つことができるということだ。

より多くの機関がビットコインを保有しており、現在の高騰によりが新たな史上最高値に貢献している。2021年2月21日に、ビットコインは1兆ドルの時価総額を達成した、58,000ドル以上の史上最高値を記録した。

参考:ビットコイン、時価総額1兆ドル突破

しかし、CoinMarketCapが提供したデータによると、本稿執筆時までにビットコインの価値は約6.6%下落し、54,431ドルで取引されていた。それでも、資産は85.3%の年間累計利益を記録している。

現在の記録的な価格上昇は、電気自動車メーカーのテスラ(NASDAQ: TSLA)が15億ドルのビットコイン投資を発表した後に引き起こされた。テスラは、マイクロストラテジーのように手元資金を大量にビットコインに換金している他の機関の仲間入りをした。

少数の大口保有者がビットコイン市場に与える影響

データが示すように、少数のビットコインアドレスだけがビットコインの最高額を保持している。このシナリオは、特に資産が何年も口座に動かずに座っている場合、富の集中についての議論につながっている。

その代償として、流動性が低下する一方で、価格のボラティリティが上昇する。さらに、これらの大規模な保有者が一度の取引で大量のビットコインを移動すると、ボラティリティが上昇する。 

通常の状況では、大規模なビットコインアドレスホルダーは、個人投資家のように暴騰時に資産を購入することはない。長期的には、ビットコインアドレスの大口保有者は、市場を牽引し、パニック状態の個人投資家を揺さぶり、比較的安く購入できる機会を利用することを目的としている。

100ドル前後のウォレットを保有しているのは、そのほとんどが個人投資家であり、その資産を逃すことを恐れて購入したり、ビットコインやブロックチェーン環境そのものを試すために購入したりしていると推測される。

しかし、ウォレットが保有するビットコインの価値は、資産の値動きに大きく左右される。

(翻訳元:Finbold

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign