楽しい仮想通貨ライフ!

イーロン・マスク氏はナカモト・サトシなのか?

サトシ・ナカモトのアイデンティティの検索は、ビットコインの生みの親の名前に顔を付けようとするさまざまな理論を開発してきた一部の仮想通貨愛好家にとっては終わりのないものになりつつあるが、一部の人間は、この謎を解いたかもしれないと考えているようだ。

CZはイーロンがサトシだと思っているのか?

大手クリプトカレンシー取引所Binanceのトップ、趙氏(CZ)は、イーロン・マスク氏とサトシ・ナカモトは同一人物である可能性があると主張する。

CZとしてよく知られている趙氏は、「ビットコインが現在の価格帯の3倍になった場合、サトシ・ナカモトがこの惑星で最も裕福な人物の地位を保持することが確実になるだろう。ただビットコインが3倍になることは避けられないでしょうね笑」とツイートした。友人から送られてきた0.25BTC以上のビットコインを所有していなかったというイーロン・マスク氏の以前の暴露にもかかわらず、多くの仮想通貨愛好家は、イーロン・マスク氏とサトシ・ナカモトの両方が同一人物である可能性があると確信している。

イーロン・マスク氏が本物のサトシ・ナカモトであると主張する説が浮上しているが、特にイーロン・マスク氏が噂に答えることを控えているため、客観的な証拠によって裏付けられているとは言い難い。マスクは以前、テスラでは使えないと言っていたビットコインについては無関心だった。

今年に入ってからは、支配的資産に対するCEOの見解がよりポジティブになってきている。今年の初め、彼はビットコインでの支払いを受け入れることは、彼が歓迎するアイデアであると述べた – 彼の応答につながったツイートは、彼に向けられたものではなく、彼がフォローしていないTwitterユーザーによって作られたことに注目する価値がある。

噂は、マスクがビットコインに注意を払っていたと信じるにたるほのめかしから、飛び始めた。マスク氏がビットコインを自分のプロフィールに記載したから、ビットコイン保有者は彼が市場へ到着するかもしれないと推測した。結局マスク氏はビットコインを買ったわけで、彼らの主張は実際に正しかった。

ジェフ・ベゾスは世界で最も裕福な男としての地位を取り戻したが、イーロン・マスク氏は、ビットコインが急上昇し続けると、非常に簡単に彼の地位を掠める可能性がある。最近では、テスラのビットコイン保有額も急上昇している。Anthony Pompliano氏はその様子を以下のツイートで捉えている。

テスラは昨年7.2億ドルの利益を報告した。彼らはすでにビットコイン投資から7億2500万ドルを稼いでいる。イーロン・マスク氏は伝説だ

(翻訳元:zycrypto

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。

1 COMMENT

【ビットコイン創始者】日本の天才、謎の「ナカモト・サトシ」とは? - クリプト・ワールドワイド - 世界の仮想通貨ニュース

[…] しかし、ナカモトが実際に誰なのかは誰も知らない – そして、中本であることを決定的に証明する説得力のある人物は誰も名乗り出ていない。最近では、テスラやスペースXの創業者であるイーロン・マスク氏ではないかと推測す… […]

現在コメントは受け付けておりません。