コロナウイルスが仮想通貨(暗号資産)詐欺を排除

scam

仮想通貨(暗号資産)関連事業を営むいくつかの企業は、セキュリティの提供を強化し、不正取引の見通しを下げるために懸命に働いている。一方でコロナウイルスも彼らに助力しているようだ。


コロナウイルスは一種の「逆効果」をもたらしている

世界的なパンデミックは、100万人以上の感染者と10万人以上の死亡者を記録した。それが人間の生命に及ぼした犠牲に加え、ウイルスはまた、世界経済に大規模な負の影響を及ぼした。仮想通貨(暗号資産)業も例外ではない。

ウイルスがパンデミックの状態にあると宣言されるやいなや、ビットコインは3月中旬に3,000ドル台の高値に落ち込んだ。それ以来、その価格に3,000ドルを戻したが、ビットコインが2月に10,300ドル以上で取引されていたことを考えると、改善の余地はまだ多分に残されている。イーサリアム、ビットコインキャッシュ、リップルなどの他の資産も、下落に向かってハードターンを取っている。

金は1オンスあたり約400ドル下落し、株式市場はここ数週間でいくつかの厄介な急落を経験している。このようにコロナウイルスは百害あって一利なしだ。

それでも、状況がすべて悪いというわけではない。ブロックチェーン分析会社のChainalysisによると、コロナウイルスのおかげでほとんどの仮想通貨(暗号資産)詐欺の活動が事実上排除されたため、この界隈で発生している違法なビットコインと仮想通貨(暗号資産)取引の量は、過去数週間で30%以上減少しているという。ねずみ講や類似の戦術は混乱に陥っているので、市場の低迷でお金を失っている人もいるかもしれないが、必ずしも詐欺師ら悪者のせいでお金を失っているわけではない。

声明の中で、Chainalysisはこう説明している。

仮想通貨(暗号資産)の価値の損失は、ほとんどすべて仮想通貨(暗号資産)の価格下落によって引き起こされていることがわかります。要するに、COVID-19が被害者を誘惑するための新しい詐欺ネタを詐欺師に提供している間に、パンデミックによって拍車がかかった仮想通貨(暗号資産)の価格下落は、最大の詐欺の収益の可能性を激減させています。

Chainalysis

マイクロソフトはまた、コロナウイルス関連のデータ、リンク、添付ファイルを含むフィッシングメールの数は、マイクロソフトが毎日目撃している脅威の2%以下であることを報告している。コロナウイルスを利用したフィッシングメールが毎日約6万通送信されているが、これはマイクロソフトのアカウント所有者やインターネットユーザーの数を考えれば、少ない数である。

物事は変化しているが、成長しているわけではない

ブログの投稿で、マイクロソフトは次のように書いている。

私たちのデータによると、これらのCOVID-19をテーマにした脅威は、このパンデミックに関連して若干変更された既存の攻撃の再来であることがわかっています。これは、攻撃の急増ではなく、詐欺の形態の変化を意味しています。

(翻訳元:livebitcoinnews.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)