楽しい仮想通貨ライフ!

タイ当局、日本の仮想通貨ホルダーをターゲットに観光客の誘致を計画中

タイは、観光で日本の仮想通貨ホルダーの注目を集めることに興味を持っているようだ。この国は、仮想通貨に優しい観光地を作りたいと考えており、最初のターゲット国は旭日旗の国である。

「高額消費者」の新たなセグメントの追加を目指す

バンコクポストによると、タイの観光局(TAT)は、早い段階で日本人観光客をターゲットにすることで、タイを仮想通貨ホルダーを歓迎する最初の国にしようとしている。

TATは、日本の技術振興協会との協議を経て、日本の暗号資産保有者をターゲットとすることを決定した。
その背景には、ここ数年の仮想通貨の価格上昇の実績がある。このように、強気の動きは、タイの観光地にデジタル通貨を導入する可能性を検討するようTATに促している。
TATのYuthasak Supasorn知事は、仮想通貨市場と、パンデミック後の時代に観光を強化するというタイの期待との適合性を称賛している。

我々は仮想通貨市場のために国を準備することができれば、それは高支出の観光客、特に若く裕福な世代からより多くの機会を誘致するのに役立つ。

イーロン・マスクもタイを訪問することに「興味がある」とタイ公式が発言

バンコクポストによると、日本人の11%が暗号通貨を所有しており、世界平均の7%よりも高いという。このような数字は、観光当局が先手を打って日本をターゲットにしていることに、何らかの形で後押しされている。

Supasorn氏はまた、テスラのCEOであるイーロン・マスク氏がプログラムを開始した後、「タイを訪問することに興味を持っている」可能性さえほのめかした。
政府は今年、外国人観光客数の目標を1000万人から800万人に再設定することを決定した。それでも、TATは2021年の第3四半期に観光客を誘致するため、
4月以降に大規模なセールスキャンペーンを展開すると予想している。

(翻訳元:news.bitcoin.com

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。