【テクノロジー】UnityやSteam上のゲームで仮想通貨を利用可能に

business partners

開発者がブロックチェーンベースの機能をゲームに統合できるようにする3つのゲームパートナーシップがTelosから発表された。

Telosは今週初めにこれらのパートナーシップを発表し、前述のプラットフォーム(Steam)上のゲームにブロックチェーン機能を導入することを可能にする。

開発者がUnityとSteanのプラットフォーム上のゲームにブロックチェーンベースの機能を統合できるようにする3つのゲームパートナーシップがTelosから発表された。ブロックチェーン、Telosは今週初めの28日、前述のプラットフォーム上のゲームにブロックチェーン機能をもたらすのに役立つこれらのパートナーシップを発表した。

Blockbastardsとの提携により、ネットワークは同社のQudoプラットフォームをホストすることになる。これは、マーケティングと技術的な理由から、さらなるサポートを提供するのに役立つだろう。

知らない人のために説明すると、Qudoは、Unityプラットフォーム上で構築された任意のビデオゲームに統合することができるトークンベースの報酬メカニズムだ。Unityの数字によると、過去12ヶ月間で30億以上のデバイスがゲームを実行し、プラットフォーム上で構築されている。Qudo を使うことで暗号資産を用いる多くのユーザにアプローチすることができる。

Blockbastardsのマネージングディレクターは、次のように述べている。

“伝統的なゲームでは、ゲーム内のクレジット システムが最もお金を稼ぐ傾向があることを見てきたし、今、我々 はこの同じ経験を提供することができます。これらは、チェーン上の Qudo、Telos ネットワーク上で実行されています。”

同社が発表した他の提携先を見てみると、「Area X」や「Farm Game」などがある。

後者は、Steamプラットフォーム上で『Counter-Strike』などのトリプルAゲームへの賭けを可能にするプラットフォームだ。

Area Xについては、Telosブロックチェーン上に構築された無料HTML5ゲームのソーシャルネットワークで、Telos(TLOS)トークンなどで賞品を授与している。

(翻訳元:Cryptodaily.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)