2020年:リップルはまた上がるのか?

ripple
  • リップル(XRP)の価格の牽引力の欠如は、過去数年にわたって話題になってきた。
  • リップルは過去3年間、下落の一途を辿っている。
  • ケビン・ケージ氏によると、トークンの価格が上昇するのを見ることができそうな何かが起っているという。

XRPトークンの価格の牽引力の欠如は、ここ数年で多くの話題を呼んでいる。2017年の急騰後にリップルに投資した多くの人々がおり、それ以来彼らはずっとリップルを保持し続けてきた。しかし、これは実らなかった。サンフランシスコを拠点とするXRPトークンは、過去3年間、下落の一途を辿っている。一方、ケビン・ケージ氏によると、このトークンの価格が上昇する可能性のある何かが業界で起きていると語った。

ケビン氏によると、オープンマーケットには80億以上のXRPトークンが残っており、購入可能な状態になっているという。

Twitter上のあるユーザーは、市場がついに十分なXRPを売りに出すことができなくなってきたと意見を述べた。これはケビン氏のツイッターの投稿に直接反応したもので、次のようなものだ。

これが今日で一番重要なXRPのツイートです。仮想通貨(暗号資産)事業者は購入可能なXRPをほとんど使い果たしています。彼らは人々から買わなければならない時が来るでしょう。…彼らが公共の取引所からXRPを購入したときに価格が噴射するでしょう。
その時は近い。

このようにこのユーザーは、リップルをブロックチェーン企業から直接安価で購入するのとは対照的に、大手の購入者はいずれ人々から購入せざるを得なくなるだろうと強調している。もしこれが現実のものとなれば、需要は高まり、価格は理論的にはいずれ追いつくはずだ。

しかし、それだけで十分なのだろうか。

仮にこれがすべて実現し、XRPのためのコミュニティに第二の息吹が与えられたとしても、それはXRPトークン自体に変化をもたらすだろうか?

Twitterユーザーによると、大きな買い手が公開プラットフォーム上でスコアリングを始めると、XRPトークンの価格はマージンをかけて上昇し始めるとのことだ。しかし、最終的にどうなるかは時が教えてくれるだろう。

(翻訳元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)