【テクノロジー】サムスンペイ、仮想通貨VISAカードに対応

仮想通貨(暗号資産)のVisaカードプラットフォーム「Swipe」は5月1日、Samsung Payとの提携を発表した。


この提携により、Samsung Payのユーザーは、Samsung Payに対応したデバイスを使用して、Swipe Visaカードの残高から支払いを行うことができるようになる。

同社は、Google PayとSamsung Payの両方を多国間でサポートする初のデジタルウォレットプラットフォームになったと主張している。

この統合により、英国と欧州連合のスワイプカード会員は、世界5000万カ所以上の店舗で仮想通貨(暗号資産)の残高から支払いを行うことができるようになる。

SwipeのCOOであるJohn Khenneth氏はCointelegraphに、同社とSamsungとの関係は、相互発行銀行であるContis Financialを通じて形成されたと語っています。

「数ヶ月前には、物理的なカードプログラムに加えて、デジタルカードプログラムの承認をVisaから得ており、それ以来、銀行とSamsung Payとの統合を行っている」と同氏は語った。

Khenneth 氏は、スワイプは「サムスンのブロックチェーンの取り組みの助けを借りて、仮想通貨をより意識しているそれらのサムスンの愛好家にリーチすることを望んでいる」パートナーシップを介して述べています。

Khenneth 氏はこう語る。「コロナウイルスのパンデミックの発生以来、Google Pay 上のデジタル決済の数の大きな増加に注目しています。」

「人々が現金や物理的なカードから離れていく中で、Google Payと今回のSamsung Payは本当に助けになり、シームレスなUXの新しいチャネルを作り出すことができます」とKhenneth氏は付け加えている。

SwipeのCEOであるJoselito Lizarondo氏は、「COVID-19のすべての問題と、人々が現金やカードなどの物理的な製品から離れていくことを考えると、デジタルソリューションは、クライアントのニーズを第一に考えるのに本当に役立ちます」と述べている。

Khenneth氏は、Swipeは「現在、年内に東南アジア/アジア太平洋地域での稼働を目指している」と述べ、プラットフォームが最近米国で承認を受けたことを付け加えています。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)