「金持ち父さん」の著者、ビットコインが75,000ドルに達すると予想

ロバート・キヨサキ氏が再びビットコインの強気路線を歩んでいる。「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバート・キヨサキ氏は、ツイッターでビットコイン(BTC)価格の上昇に乗っかっている。ロバート氏は、経済暴落を恐れて3つの資産を購入していることをすでに示している。金、銀、ビットコインだ。


この予測は、待望の半減期が発生した後、先週末にビットコイン(BTC)価格が1万ドルに向かって上昇したことに影響を受けている。本稿執筆時点では、ビットコインは9,681ドル(+7.80%)で取引されていた。

ビットコイン(BTC)価格が75,000ドルに到達する可能性がある理由

彼はすでにビットコイン(BTC)の価格が今後3年以内に75,000ドルに達すると予測している。キヨサキ氏はツイートの中で、3つの資産の価値をさらに予測した。

経済は死にかけている。無能な中央銀行制度。次は年金の数兆の支出。衰退する希望。金銀ビットコインを買い増し。金@$1700。1年後には3000ドルになると予想。銀@17ドル、5年後には40ドルになると予想。ビットコイン @$9800。3年間で75000ドルと予測。最悪の事態に最善の手を尽くして祈ろう。

これは、3つの資産の成長率が76%、19%、97%であることを示唆している。この場合、ビットコインが明らかに勝者だ。これらの数字の理由は明白だ。

第一に、ビットコインは数学によって駆動されるデジタル資産だ。ある種の進歩は現在、ビットコインのハードウェアウォレットを可能にしている。コールドウォレットは、いわゆるガチホ勢(Hodler)が資産を安全に保つことを可能にする。それは、ビットコインとアルトコインに対する部外者の信頼性をさらに高める。

第二に、ビットコイン(BTC)の価格が上昇したのは、この時点で他のすべての資産が塵となってしまったからだ。ビットコイン(BTC)の価格は他の市場とはつながっていない。ほとんどのアルトコインについても同じことが言える。

第三に、ビットコインはすでに危機の時には安全地帯とみなされている。このような時代は、この概念が原理的にも実際にも機能することを示している。キヨサキのような先見の明のある投資家は、時が経てばその正しさが証明されるだろう。

ロバート・キヨサキはビットコインのエバンジェリストになった

4月にロバート・キヨサキ氏はビットコインのエバンジェリストとして少しだけ、アンソニー・ポンプリアーノのポッドキャストに出演した。彼は次のように説明している。

「私がビットコインを支持している理由は、ただ一つだけです – ビットコインはシステムの一部ではないからです。」

これは彼の強気な姿勢を示している。すべての正当な理由のために、ロバートは分散型空間への移行を成功させてきたのだ。キヨサキ氏は、投資や金融に対する彼のしばしば突飛な(しかし現実的な)アプローチで知られている。

2000年以降に育ったミレニアル世代の多くは、彼の本やポッドキャスト、その他の教材から何らかの影響を受けている。

この影響がどのようにして、これらの個人に影響を与え、暗号資産への投資活動に波及していくのかは不明のままだ。しかし、一つ確かなことがある。:すべての反対派の投資家は、ビットコインの方向を指しているようだ。

多くの人は、これが2017年のバブルのような状況につながるのではないかと危惧している。今回は状況が異なるだろう。市場は成熟している。暗号資産業界には多くのプレイヤーがいる。

「金持ち父さん」が正しいと判明した場合、我々は我々の時代の中で最も重要な金融のパラダイムシフトを見ることになるだろう。

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【5月18日】ビットコイン、一時6万円幅の急落

月 5月 18 , 2020
18日夜、仮想通貨ビットコインは6万円幅の急落をみせ、一時101万円台まで下落した。