楽しい仮想通貨ライフ!

「リップルは巨大なリスク」上場廃止したKrakenのCEOが発言

仮想通貨取引所Krakenのジェシー・パウエル最高経営責任者(CEO)は、リップルが12月下旬に米国証券取引委員会(SEC)から訴えられた件で、XRPトークンは取引所にとって「巨大な非対称リスク」になると主張し、XRP取引を停止することを批判する者に反論した。

パウエル氏は、このように述べている。

SECの訴訟は誠実に行われているものと考えるべきです。裁判官は規制機関に味方する傾向があります。もしXRPが「証券」であることが判明した場合、SECは取引所は既にそのことを知っていたはずだと言うでしょう。

過去数ヶ月の間に、CoinbaseやBinance U.S.を含むほぼすべての主要なアメリカの取引所は、XRPの取引を停止したり、上場廃止にしたりしている。

Kraken(その評価額は200億ドルに近いと言われている)も1月中旬にXRPの取引を停止していた。

6669_1

しかし、このXRPトークンは、米国外での取引では、多くの主要な取引所でまだ利用可能である。

判決は裁判所が決める

英国を拠点とする資産運用会社Tetragonは、リップル社に対して株式の仮差止請求を行ってたが、今週初めにデラウェア州の判事によって却下され、リップルの株式を償還することは認められなかった。

さらに、SECは最近の保有者の嘆願を却下する申し立ての中で、XRPが実際に証券であるかどうかの判断は裁判所に委ねられていると言及している。

しかし、既に報じられているように、SECはまた、取引所が訴えの内容を修正したとしても、XRPが再び取引所に上場する可能性は低く、さらに、リップルに対する訴訟の継続中に、SECが「申立人が所有するXRP」を除外するように訴状を修正した場合でも、申立人はデジタル資産取引プラットフォームがこれまでの流れに逆行することや、XRPの価値が上昇することを主張することはできないと強調している。

リップルが勝訴。米SECがXRPのオープンな状態を認める

(翻訳元:u.Today

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。