RippleパートナーのSBIホールディングスがFX取引にR3ブロックチェーンの利用を開始

リップルの日本における忠実なパートナーであるSBIホールディングスが、外国為替証拠金[FX]取引にR3ブロックチェーン技術の利用を開始した。


報道によると、これは国内で初めての実用的なCordaブロックチェーンの適用をマークしたという。ただし、現時点では社内での利用に限定されており、トレーダー間での取引履歴の共有や注文内容の確認などに利用されているという。これはヒューマンエラーを防ぐための措置だ。

Cordaは、当初はSBI証券とSBIリクイディティ市場での利用を想定しており、結果次第ではSBIグループ外への展開も視野に入れている。通貨ヘディングの注文数を増やし、収益基盤を固め、取引コストの削減を図るのが狙いだ。

SBIホールディングスはこう述べている:

“確認業務における運用リスクを低減し、高いプライバシー保護と耐タンパ性(改竄されにくさ)を確保しました。また、ブロックチェーンにより当事者間の取引データの同一性が保証され、照合作業の信頼性が向上しました。さらに、リアルタイムでの情報伝達により、バックオフィス業務とのシームレスなデータ連携を実現しています。”

SBI は技術導入の最前線に立ち、他の東南アジアの銀行にも技術導入を推進してきた。SBI の参加により、東南アジアの多くの銀行がリップルネットに参入し、オンデマンド流動性プラットフォームなどのサービスを利用するようになった。同様に、SBIホールディングス傘下の合弁会社であるSBI R3 Japanは、同社にライセンスを提供し、その導入をサポートしている。

(翻訳元:eng.ambcrypto.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)