Ripple が XRP Ledgerに新機能を追加し、取引をより効率化

リップル社は、Xpringソリューションに新機能を追加し、ブロックチェーン全体をより効率的にクライアントが利用できるようにすることを決定した。これにより、金融会社がXRP Ledgerを介して取引を送受信する方法を助けようとしている。


リップルがサービスに新機能を追加

リップル社のXRP LedgerとxRapidのプロダクトマネージャーであるウォーレン・ポール・アンダーソン氏が先日公開したブログ記事の中で、先週公開されたXRP Ledgerのパッケージを通じて、XRP Ledgerに新しいアップデートが追加され、新機能のサポートが追加されることを伝えている。

これには、XRP Ledger(rippled)バージョン1.5.0とrippledバージョン1.6.0-b1が含まれている。バージョン1.5.0では、gRPC APIのサポート、APIのバージョニング、ピアネットワークを使ったUNL伝搬、新しいRPCメソッド、拡張されたsubmitメソッド、改良されたtxメソッド、その他多くのものが導入され、バグフィックスも含まれている。

バージョン1.6.0-n1では、RippleのXpringチームがホストするXRP Ledger Devnetへのアップグレードが含まれている。これにより、開発者はリップルの最新バージョンに早期にアクセスできるようになる。

注目すべきは、新しいrippled verison1.5.0がリリースされ、早ければ4月15日にXRP Ledger Testnetにデプロイされることだ。このようにして、開発者はアプリケーションをテストし、XRP Ledger Mainnetの正式リリースの準備をする可能性がある。

これに加えて、XpringチームはXRP Ledger Mainnetのリップルドサーバをアップグレードする予定で、その中にはクラスタやバリデータも含まれている。さらに、Rippledプロトコルの動作方法を変更するために、fixQualityUpperBound、fixXhxkTreading、fixPayCanRecipientDirを含むいくつかの修正が提案されている。

(翻訳元:usethebitcoin.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)