コロナウイルスの影響でランサムウェア攻撃が減少

Emsisoftは、米国でランサムウェア攻撃が大幅に減少していることを強調した。


マルウェアラボのEmsisoftが4月21日に発表した報告書によると、2020年第1四半期に米国の公共部門を対象としたランサムウェア攻撃の成功件数が大幅に減少したことが明らかになった。

調査結果によると、第1四半期にランサムウェアの犠牲になった組織は合計89組織に上ったという。そして、COVID-19の危機が深まるにつれ、成功した攻撃はさらに減少し、”ここ数年では見られないレベル “にまで落ち込んだ。

政府機関への攻撃の頻度は低く、1月の19件から3月にはわずか7件に減少した。教育機関についても同様で、1月に10件、2月に14件、3月に2件の攻撃が成功していた。ヘルスケアでは、1月に10件の攻撃があったものの、3月には3件にとどまり、第2四半期を終えた。

この傾向は第2四半期に入っても続いている。4月1日から4月20日までの間に成功した攻撃は7件のみだ。

すべてはCOVID-19の危機

Emsisoftが詳細に述べているように、このような減少はCOVID-19のパンデミックに容易に起因している。世界中で必要不可欠でないサービスが停止することで、組織の攻撃経路が容易に減少する。

従業員が自宅で仕事をすることは、サイバーセキュリティの面で組織の脆弱性を残す可能性があるにもかかわらず、Emsisoftは、これが「逆説的に」同時にハッカーに新たな課題をもたらしたと述べている。

Cointelegraphとのインタビューで、Emsisoftの脅威アナリストであるブレット・キャロウ氏は、これらの課題について説明している。

“在宅勤務をサポートするためのインフラを構築する際に、企業はリモートアクセスのセキュリティを強化する機会を得たかもしれません。さらに、ランサムウェアの攻撃者にとっては、企業のエンドポイントを攻撃すれば、潜在的に価値のあるターゲットを手に入れることは容易でしょう。しかし、従業員がリモートで仕事をしているときに使用し、断続的に企業のリソースにしか接続されていない個人のデバイスを攻撃した場合には、それほど効果がないないかもしれません。“

Emsisoftは、このランサムウェアの救済は “一時的なもの “である可能性が高いことを明らかにしている。同社のCTOであるFabian Wosar氏は次のように述べている。

“企業は財政的に苦しい状況にあり、多くの企業は政府の支援プログラムに頼って生き延びています。今後数週間でランサムウェアに襲われた企業の中には、倒産する企業も出てくるだろうと十分に予想しています。

(翻訳元:Cointelegraph)

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)

1 thought on “コロナウイルスの影響でランサムウェア攻撃が減少

Comments are closed.