中国、環境政策によりビットコイン採掘のメッカを封鎖

中国のある省は、エネルギー消費と排出量を削減するために、ビットコインのマイニングを取り締まっている。

ケンブリッジ・ビットコイン電力消費量インデックスのデータによると、内モンゴルは中国で最もエネルギーを消費する省であり、世界のビットコイン・マイニング全体の電力消費量の8%以上を占めている。

ビットコインのマイニング業者は安い電力のために中国に魅了されてきたが、これをまかなうための電力は石炭や他の化石燃料に依存しているため、ネットワークの環境への影響についての疑問が生じている。

現在の推定では、ビットコインが必要とするエネルギー量は年間約130テラワット時(TWh)とされており、これは国が国であれば世界の電力消費量の上位30位にランクされることになる。

内モンゴル開発改革委員会は、省エネ目標を達成するために、4月までにすべての新規および既存の仮想通貨マイニング用施設を閉鎖することを強制する。

これは、2060年までにカーボンニュートラルを達成し、2030年には排出量の削減を開始するという中国が打ち出したより広範な公約の一部である。

(翻訳元:The Independent

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

イーロン・マスクを騙る偽アカウント、まんまと5BTCを受け取る

水 3月 3 , 2021
3月1日、何者かがイーロン・マスク氏を騙る偽アカウントに5BTCを送金した。これはWhale Ale […]