楽しい仮想通貨ライフ!

米証券取引委員長「ビットコインは、新しい考え方をもたらした」

ビットコインに関しては、市場の意見はしばしば分かれており、支持する人と支持しない人に分かれている。現在、米国の規制当局や政策立案者にも同様の陣営が存在するように見えるかもしれない。最近では、バイデン大統領によって米国証券取引委員会(SEC)の委員長に指名されたゲイリー・ゲンスラー氏が、仮想通貨部門についての見解を共有するために登場した。ゲンスラー氏は、仮想通貨は “変化の起爆剤となっている “と述べた。

マイク・ラウンドズ米上院議員の上院確認中に、ゲンスラー氏はこう付け加えた。

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、決済や金融包摂に新たな考え方をもたらしましたが、投資家保護に関する新たな問題も提起しており、まだ対応する必要があります。

彼の仮想通貨に対する意見は、ビットコインは「取引を行う上で非常に非効率的」であり、「非常に投機的な資産」であると考えていたジャネット・イエレン財務長官の意見とは全く対照的だ。また、それは、ビットコインは “最悪の結末を迎えるだけ “と考えているエリザベス・ウォーレン上院議員の見解に反するものだ。

私は、これらのテーマでMITで教えているように、これらのイノベーションが変化の起爆剤になっていると考えています。ビットコインなどの仮想通貨は、決済と金融包摂に新しい考え方をもたらしたが、投資家保護の新たな問題も提起している…もしSECで承認されれば、私はイノベーションの促進に取り組むでしょう。

彼はすぐに投資家保護の重要性を強調し、次のように述べた。

市場監視を新しい技術にアップデートすることは常に重要です…投資家保護の原則に忠実であり続けることが重要です。

さらに、ゲンスラー氏は冒頭の挨拶の中で、市場とテクノロジーは「常に変化している」と述べ、それを鵜呑みにしてはならないと述べた。

我々のルールもそれに合わせて変化していかなければならない。私は、金融テクノロジーは、投資家、発行体、一般市民のために、SECの中核的な価値観を活用し続けなければ、強力な力となり得ないと信じています

ゲンスラー氏は、過去に何度か議会で仮想通貨とブロックチェーンに関する証言をしたことで最も有名だ。彼は、仮想通貨はネズミ講に似ているという考えに反論したことでも知られている。

(翻訳元:ambcrypto

Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。