コロナウイルス:ダークウェブ市場は、麻薬ディーラーが偽のワクチンを販売することを禁止

ダークウェブ上に掲載された偽ワクチン。決済方法は仮想通貨(暗号資産)のみ

ダークウェブ上の麻薬市場は、新型コロナウイルス(COVID-19)の偽治療薬の流入に対処しようと、ディーラーがコロナウイルスの偽ワクチンや治療薬を販売することを禁止した。

ダークウェブ上の多くのサイト(インターネット上の隔離されたセクションで、知識を有する者が特殊なソフトウェアを使用してのみアクセス可能)では、病気から人々を守ることができると主張して、役に立たない危険な材料が急増するケースが後をたたない。

しかし、大麻からステロイドまでの薬をリストアップしているこの独占市場は、証明されていない薬を売りつけようとしているメンバーを永久に削除すると言った。

このサイトは、ダークウェブ上の比較的新しい市場で、ビットコインやモネロのような暗号通貨と引き換えに違法薬物をバイヤーに販売し、出荷する100以上のアクティブなベンダーを有する。

販売者への警告は、ダークウェブ市場で詐欺師や犯罪者によって広告されたコロナウイルス関連の薬や治療法が最近流入している中で行われている。

“コロナウイルスへの’治療法’として商品を売りつけることをキャッチしたベンダーは、この市場から永久に削除されるだけでなく、スペイン風邪のように避けるべきである “と、Monopoly Marketの管理者はフォーラムの投稿で書いた。

サイトはまた、保護マスクやトイレットロールなどの不足に影響を受けたアイテムをユーザに販売することを禁止している。

サイトには「あなたは、いかなる状況下でも、マーケティングツールとしてCovid-19を使用しないでください 」と投稿されている。「魔法の治療法も、マスクの販売も、トイレットペーパーの販売もありません。私達はマナーを守りましょう」

ダークウェブ上の麻薬供給者が、怪しげな製品や有害な製品に対して道徳的なスタンスを取ったのは、これが初めてではない。

2018年には、合成オピオイドのフェンタニルが数百件の事故的な過剰摂取につながったことを受けて、大手事業者が自主的に販売を停止した。

専門家は、規制当局のテストや基準を満たすためには、どんな薬でも最低でも18ヶ月はかかると警告しているにもかかわらず、我々が見た他の人気ダークウェブ市場には、「完全にテストされ、確認されている」と主張する偽コロナウイルスワクチンが掲載され続けている。

現在、世界中の研究機関では約20種類のワクチンが様々な段階で開発されているが、どれも違法なオンライン市場に出回っている製品とは当然無関係だ。

その代わりに犯罪者たちは、反証されていない治療法や治療法を売りつけているか、それを服用する人に重大な危険をもたらすようなものを売りつけている。

アガルタ市場に掲載されているワクチンの中には、アンフェタミン、コカイン、ニコチンを混ぜたものが300ドルで売られていた。

同じサイトには、クロロキンとヒドロキシクロロキンのリストが何十も掲載されていたが、これはドナルド・トランプ米大統領が COVID-19の治療薬になる可能性があると宣伝していた薬である。科学者たちは、抗マラリア薬の有効性を証明するものはなく、医師の監督の下で服用しないと危険である可能性があると警告している。

これらの誇大広告は、米国では証明されていない薬の全国的な不足をもたらており、ダークウェブのベンダーは、1つの処方箋を約200ドルでリストアップしている。

(翻訳元:independent.co.uk

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

bitFlyer, BAT(Basic Attention Token)の取り扱いを開始

木 4月 9 , 2020
本日bitFlyerは新たな通貨銘柄「BAT(Basic Attention Token)」の取り扱いを開始した。広告を非表示にするのではなく、ユーザーが広告の閲覧を選択すると報酬としてポイントが付与される仕組みを搭載したブラウザとして人気上昇中の「Brave」。主な用途としてはそのBraveで使用可能なコインだ。