【アルトコイン】OmiseGOの親会社がSYNQAに社名変更【進化】

oimisego

アジアのフィンテック企業であるOmise Holdingsは、SYNQAという社名に変更した。


“2020年に向けて、この新しいコーポレートアイデンティティは、会社のポートフォリオを持つ持株会社としての彼らの地位を強化し、すべてのフィンテックとイノベーションのためのアジアでのゴー・ツー・パートナーとしての地位を確立します “と、SYNQAの4月30日の声明は述べている。

OmiseGoは2017年にICOを実施

Omise Holdings傘下のOmiseは、数年前の大規模なクリプトブームの間に、そのOmiseGo決済ソリューションのために多額の資金を集めた。同社のICOは2017年夏に行われ、EthereumベースのOMGトークンの販売から約2500万ドルを調達した。

プレスタイムの価格は0.74ドルで、OMGはかつてトークンあたり25ドルという高額な価格で販売されていたかつての栄光の影に座っている。

SYNQA(進化)は新しいブランドに

今回の発表では、オミセホールディングスの全面的なリブランドを誇り、投資家や起業家などとの仕事に光を当てるとともに、同社が金融テック領域全体を拡大していることをアピールしている。

“私は、最高の金融インフラで人々が相互に交流する方法を改善するためにSYNQAを設立した。” SYNQAの創業者でありCEOの長谷川潤氏は声明の中で次のように述べている。”この新しいコーポレート・アイデンティティを発表し、アジアにおける当社のポジションを業界に伝えることに興奮している。”

新しい名前は、同社の全体的なミッションや価値観を表現する「シナジー」「シンクロ」「共生」「シンメトリー」「クエスト」という言葉の組み合わせを体現していると、声明には含まれいた。また、「SYNQA」という名前は、日本語の「進化」を意味する言葉のように発音されており、これも同社のもう一つの特徴となっている。

Cointelegraphは、追加の詳細についてOmiseGoに連絡を取ったが、プレスタイムの時点では回答は得られていない。この記事は、回答があれば随時更新される。

(翻訳元:cryptopost.com)

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)