仮想通貨(暗号資産)取引所Coinbaseが新たなDeFi価格情報を提供開始

ここ1年で、ブロックチェーン空間の主要な要素として、分散型金融(DeFi)が台頭してきた。DeFiには、スマートコントラクトを使って資産の貸し出し、ヘッジ、スワップを行うあらゆるプロジェクトが含まれる。これらの機能を実行できるブロックチェーンプラットフォームは数多く存在するが、Ethereumはこの分野で圧倒的な地位を確立している。

Coinbaseは、分散型金融(DeFi)の分野で、誰でもアクセスして一貫した暗号資産価格データを取得できる新しいフィードの提供を開始する。

DeFiプラットフォームは、借り入れ/貸し出し、信用取引、保険などの従来の金融サービスを自動化するように設計されている。彼らは分散型スマートコントラクトを利用して中間業者を排除し、より有利な条件と金利を提供する。

多くのDeFiプロトコルは、機能するために信頼できる価格フィードに依存しなければならず、Coinbaseによると、取引所やUniswapやKyberのようなアルゴリズム分散型取引所(DEX)のようなオフチェーンソースからの価格を使用せざるを得ない状況になっている。

Coinbaseは、これらの選択肢は完璧な解決策にはなっていないと述べている。

“オフチェーンソースからのデータを使用するには、発行者が正しい価格を掲載し、署名鍵を安全に保つことを信頼する必要がありますが、後者は歴史的に難しい問題であることが証明されています。同様に、DEX が生成したオンチェーンフィードに依存することは、プロトコルを、まだ完全に探索されていない様々な新しい攻撃ベクトルにさらすことになります。”

その空白を埋めるために、同社はBTC-USDとETH-USD市場の署名付き価格データに誰でもアクセスできるプライスフィードネットワークを開始する。新しいCoinbase Oracle APIは、Coinbase Proのデータをベースにしている。

米国の大手取引所は、この取り組みはDeFi運動を後押しし、全面的に暗号資産の採用を後押しするために設計されたものだと述べた。

過去2年間で、Decentralized Finance(DeFi)のエコシステムは、暗号のコアユースケースとして急速に拡大してきた。今日では、DeFiプロトコルやアプリケーションに活発にプールされている資産は10億ドル近くにのぼり、幅広いプログラム可能な金融サービスを提供している。

Coinbaseのセキュアなインフラに固定された信頼性の高いプライスフィードは、DeFiのエコシステムをより安全にし、システミックリスクを軽減し、次の成長と採用の波を開くのに役立ちます。

(翻訳元:dailyhodl.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)