機関投資家の資金が衝撃的な速さでイーサリアムに流入

イーサリアムは、昨日の夜に発生した上昇トレンドの中で、最もパフォーマンスの高い仮想通貨(暗号資産)の一つとなっており、この上昇で10%近く押し上げている。

この強烈な上昇トレンドは、ETHに機関投資家の資金が大量に流入したことを示す新しいデータが発表された直後に来ており、これは仮想通貨(暗号資産)が中期的にいくつかの巨大な強気を見ていることの兆候かもしれない。

イーサリアムの爆発的な上昇トレンドと機関投資家の資金流入に関するニュースは、Bitfinexでクジラからの大規模な買い圧力があった直後に発表されたもので、この上昇トレンドが差し迫っていることを示す兆候だった可能性がある。

一夜の上昇に続く爆発的な勢い

この記事を書いている時点で、イーサリアムは現在の価格170.60ドルで9%以上上昇しており、昨日の安値150ドルから大幅に上昇している。

今日の急騰は、ビットコインが7000ドルを突破したことに伴って発生したものだが、ETHは今日、5%弱の上昇幅でBTCを上回っている。

NewsBTCが約1週間前に報告したように、ETHは最近Bitfinex上でいくつかの興味深い出来事があった。

スリーアローズキャピタルのCEOであり創設者でもあるSu Zhu氏は、ツイートでBitfinexに出現した買い壁について語っており、20万ETH以上の売り圧力を吸収したことに言及しています。

Ethereum
Su Zhu氏による画像:大きな買い壁が出現している

これは、この時点で長いマージンを反転させるトレーダーの大半と相まって、ETHの上昇気流が差し迫っていることを示していた。

機関投資家によってETHに大量の資金が流れ込む

グレイスケール・インベストメントの新しいレポートによると、リテールの買い圧力が激しいことに加えて、機関投資家は最近、Ethereumに多額の資本を割り当てており、その総額は2020年第1四半期で1億1,000万ドルに達している。

DTCキャピタルのクリプト投資の責任者であるスペンサー・ヌーン氏は最近のツイートでこの傾向について語り、今四半期のグレイスケールのEthereum Trustへの資金流入額が過去2年間の資金流入額を合計した額を上回ったことに言及しています。

「機関投資家がETHを買っている。イーサリアムは第1四半期に1億1000万ドルの資金流入があった。これは過去2年間の流入額を合計した額(9,580万ドル)を上回っている」

機関投資家の採用とリテールの買い圧力の合流は強力であり、今後数日と数週間でEthereumが大きく動く余地を与える可能性がある。

(翻訳元:newsbtc.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)