【朗報】ビットコインさん、40倍になる準備完了

今週初め、ビットコインは7,700ドルから9,500ドルまでわずか24時間の間に暴騰した。この動きは、この仮想通貨(暗号資産)が強気の巻き込みローソク足で終わった非常に強力な月次パフォーマンスを発揮することを可能にした動きだった。


多くの人が決定的に肯定的な兆候としてローソク足をとりあげたが、あるトレーダーは、強気の巻き込みローソク足は大きな誤解であると指摘し、このセンチメントを疑問視した。技術者のトーマス・バルクウスキー氏は、強気の巻き込みローソク足はマクロの反転の兆候ではないと自ら書いている。

下降トレンドの底に現れる強気の巻き込まれたパターン
強気な巻き込みローソク足の一例

「これらのローソク足は、下向きの価格トレンドの一時的な反転として機能する。これもまた、避けた方がいい取引方法の一つだ。なぜだろうか?主なトレンドが下降トレンドだからだ。強気の巻き込みローソク足は、そのトレンドを反転させますが、短時間だけだ。第一次下降トレンドが引き継がれ、価格は下落を再開する。」

しかし、ビットコインは最近、強気の巻き込みローソク足の弱気の効果を否定することができる別の技術的な成果を達成した。

ビットコインは4,000%の高騰を触発した重要な鍵となる水準を取り戻す

ある仮想通貨トレーダーによると、4月のビットコインの強い反発で、クリプトカレンシーは1ヶ月チャート上の一目雲のキーレベルの上にある月足ローソク足をクローズしたという。
ビットコインがこのテクニカルレベルを最後に主張したのは2016年の初めで、その時は約500ドルで取引されていたが、その20ヶ月後には4,000%のラリーが発生し、その前には20,000ドルまで上昇していた。

この歴史的な前例は、仮想通貨(暗号資産)市場が次の放物線を描く上昇に向かっていることを示唆している。

Bitcoin price macro with Ichimoku Cloud
一目雲によるビットコイン価格マクロ


稀に見る強気

これは、ビットコインがまもなく本格的な上昇期に突入しそうな歴史的な兆候を見せているということだ。

今週初めのビットコインのトレンドは非常に強かったので、水曜日のラリーのピークの中で、あるトレーダーは予想外の技術的な出来事を観察した。

ビットコインの1時間チャートの相対的な強さ指数(RSI)の読みは96.5に達した。

伝統的なテクニカル分析では、RSIが70のレベルを超えると、分析されている時間枠では買われすぎであるとされている。ビットコインの1時間足のRSIが96.5をわずかに超えたという事実は、非常に買われすぎで、ほとんど狂気の域に達していることを意味している。

ある暗号トレーダーによると、このメトリックがBTCのためにこの高かった最後の時間は2019年4月、暗号通貨が数時間のスパン内に25%高くロケットアップした日だった。この動きの後に続いたのは、3ヶ月以内に4,000ドル台から14,000ドルまでの上昇続きだった。

同様に、あるトレーダーは、ビットコインの最近の強さを受けてチャートを共有し、過去6週間の間ビットコインの価格を拘束していた上昇のくさびが、明らかに無効化されて上昇サイドにあることを指摘している。

特に注目すべきは、弱気相場の後にBTCがライジングウェッジの上を突破するというこのフォーメーションは、2019年のブルランの始まりをマークしたのと全く同じ市場構造であり、3ヶ月後には4,000ドル台から14,000ドルまで価格を上昇させている。

Bullish Bitcoin chart
ビットコインの強気チャート

(翻訳元:bitcoinist.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【注目アルトコイン】CyberVein (CVT) について紹介!【ディレクターインタビュー】

土 5月 2 , 2020
CyberveinのマネージングディレクターであるJack Ge氏との独占インタビューでは、開発、デザイン、暗号トークノミクス、効率的なデータベース管理のためのネットワーク利用の利点などについて話し合っている。