【朗報】大量の新規ユーザーが波となってビットコインに押し寄せる

ビットコインが半減期を迎えたことで、このコインにスポットライトが当てられ、半減期イベントは仮想通貨(暗号資産)業界だけでなく、それ以外の領域でも広く報道されるようになった。


このイベントに関するニュースは、マクロ投資のレジェンドであるポール・チューダー・ジョーンズ氏のビットコインに関するコメントに関する広範な報道と相まって、多くの投資家の目に留まった。多くの投資家は、彼のコメントは投資手段としてのビットコインを正当化するものと受け止めている。

BinanceのCEOが新規登録者のアクティビティが過去最高を更新していることを指摘しているように、伝統的な投資家はこれらの動きに注目しているようだ。

ビットコインに対する期待が増す中、Binanceに新規登録者の波が押し寄せる

最近の半減期と、ポール・チューダー・ジョーンズのような公人のコメントに起因する好材料は、暗号市場への期待をさらに大きくさせているように見える。

BinanceのCEOであり創設者であるChangpeng Zhao氏は、先日行われたカンファレンスであるConsensusでのファイアーサイドチャットの中で説明した。ディストリビューションの中で、彼の取引所には最近、新規ユーザーが大量に流入していると説明した。

「新規ユーザー登録は非常に積極的に増加しており、これは2018年以前に起こった仮想通貨ユーザーの急増に似ています」

と同氏は説明した。

さらに同氏は、これらの新規ユーザーはアクティビティレベルも高く、アクティブな市場参加者の数が急速に増加していることを示していると付け加えた。

「アクティビティレベルは間違いなく3~4ヶ月前よりもはるかに高くなっています」

と同氏は述べている。

これらのコメントは、ビットコインに集約される暗号資産市場が、2017年の大規模暴騰の前に見られたのと同様の勢いで新規ユーザーが流入している可能性があることを示唆しているように思われる。

テクニカル視点から、ビットコイン大規模上昇の可能性は

今後数週間と数ヶ月の間に大規模な上昇トレンドを達成したいのであれば、強気派たちはまだやるべき課題がある。

Nik Patelという人気のある暗号資産トレーダーが提供した最近の分析によると、ビットコインは9,480ドル以上の価格より上昇することができるのはこのラインをサポートとして維持し続ける必要があると語っている。

これを行う能力があれば、10,550ドル(年初来の高値)を更新する上昇トレンドを誘発するのに十分であると彼は指摘している。

「まず、9480ドルの上値をサポートとし、その高値の10,550ドルをターゲットとしたロングのセットアップだ。弱気のセットアップでは、9480ドルレベルからの再テストとブレイクダウンを期待したい」

としている。

Bitcoin

(翻訳元:Bitcoinist

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)