ジョン・マカフィーが新しい仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを発表

ジョン・マカフィー氏は最近、ゴーストと呼ばれる独自の匿名コインに取り組んでいることを発表した。
マカフィー氏は、ゴーストコインはステークの証明アルゴリズムに支えられ、McAfeeDexの分散型プラットフォーム上のアトミックスワップを利用して、主要な暗号通貨と取引できるようになるだろうとツイートした。


エキゾチックな(しかしエキゾチックすぎない)有名なコンピュータプログラマーであり、仮想通貨(暗号資産)提唱者でもあるジョン・マカフィーは最近、ゴーストと呼ばれる自身のプライバシーコインに取り組んでいることを発表した。

4月11日の週末に、マカフィー氏は、ゴーストコインはステークの証明アルゴリズムに支えられ、McAfeeDexの分散型プラットフォーム上でのアトミックスワップを利用して、主要な仮想通貨(暗号資産)との取引が可能になるとツイートしました。彼は、「DEXとプライバシーコインのコンボで、私たちは今、ファイナンスを完全にコントロールできるようになりました!」と述べている。

マカフィー氏は脱税容疑で米国で指名手配されているといい、仮想通貨(暗号資産)コミュニティの強気なメンバーであり、スペース内で物議を醸している人物であることはよく知られている。

マカフィー氏が最後に立ち上げた仮想通貨(暗号資産)は、WHACKDというチケットの下に「Epstein Did Not Kill Himself」と書かれたERC-20トークンだった。

このトークンは彼自身の分散型プラットフォームで独占的に取引されているようだが、現時点では流動性は0に近い。WHACKDネットワークでは、この1日で2つの取引が処理されただけのようだ。

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)