ロックダウン状況下で仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ方法

コロナウイルスへの様々な政府の対応は、世界経済全体に多くの大混乱を引き起こし、何百万人もの人々が現在仕事を失っている。多くの国家がロックダウンを解除していないし、シャットダウンされた産業がいったいいつ再開されるのか、本当に誰も分からない。一方で、個人がオンラインでデジタル通貨を稼ぐために使用できる多くの方法に興味を持つ人もいるかもしれない。以下は、安全にいくつかのイニシアチブと少しの努力を発揮することによって、ロックダウン状況下で仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ方法のリストだ。


仮想通貨(暗号資産)を稼ぐ5つの方法

最近では、Covid-19の発生に対応して世界の政府によって経済がシャットダウンされたため、人々はオンラインでお金を稼ぐための副業や機会を見つけようとしている。何年も前から、ビットコインやクリプトの支持者たちは、デジタル資産をオンラインで稼ぐことの利点について人々に伝えてきた。例えば、人々はタスクを完了するだけで、BTC、BCH、ETHや他の多く暗号資産のようなコインを今すぐに稼ぐことができるーアンケート、執筆、取引、マイニング、杭打ち、エアドロップを見つけるなど。この記事では、クリプトカレンシーのソリューションを活用して、副業でお金を稼ぐことに興味のある人が利用できる無数の機会について説明する。

トレーディング

Making Money on Lockdown: 5 Effortless Ways to Earn Cryptocurrencies Online

チャートの分析やトレードが得意な人であれば、定期的にデジタル資産を交換することで大きな利益を得ることができる。取引は、個人が生き残るために十分な収入を提供するフルタイムの仕事にもなりうる。一方で、そのような取引にはリスクも伴う。例えば、誰もが仮想通貨(暗号資産)取引から利益を得るために開始するためには、個人はいくつかのデジタル資産を購入し、取引するための正しい時間を知り、正しく高値と安値を把握する必要がある。

マイニングとステーキング

Making Money on Lockdown: 5 Effortless Ways to Earn Cryptocurrencies Online

また、資産を投入して始めれば、ASIC(特定用途向け集積回路)デバイス、GPU、CPUを活用したデジタル資産のマイニングも可能だ。ASICやGPUのマイニングでは、マイニング装置を購入し、無料または非常に安価な電気を利用できる個人が、デジタル資産を獲得することができる。中央処理装置(CPU)で採掘できるコインでは、パソコンのコアに余裕があればコインを稼ぐことができるかもしれない。

ASICやGPUのマイニングを始めるには先行投資が必要で、CPUのマイニングはコンピュータの動作を遅くする可能性がある。さらに、すべてのマイニングの可能性は、利益を得るために、常にマイニングデバイスを稼働させる必要がある。

趣味でマイニングを行うなら、ほとんどの場合、それが使用されているように収益性が高くはありませんので、プールに参加するのがいいだろう。

Bitcoin.comは、BTCまたはBCHのいずれかを採掘することができる収益性の高いマイニングプールを提供しており、このサービスではクラウド契約も提供しています。クラウドマイニングを利用すれば、ハードウェアを所有していない人や、自分でマイニングを始めるための技術的なノウハウを持っていない人でも、デジタル資産を稼ぐことができる。

Making Money on Lockdown: 5 Effortless Ways to Earn Cryptocurrencies Online

ステーキングでは、人々はいくつかのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コインを取得し、期間にわたって資産を保有するだけでお金を稼ぐことができる。ほとんどのPoSのコインに決定論的にブロックを見つけ、誰かが保持するより多くの資産を、より多く得られるネットワークがある。PoSのコインには、年ごとに異なったベットの利回りのものがある。様々な人々がレバレッジを活用することによって非保管的方法でコインをベットするるか、または彼らは交換のコインをまたベットすることを選んでいるが、それはより危険である。

フリーランス、タスク、ブログ

フリーランスの仕事を介してクリプトコインを稼ぐには、タスクを達成したり、オンラインアンケートに答えたり、コインの編集やエッセイを書いたりと、様々な機会がある。CryptocurrencyjobsEthlanceFreelanceforcoins.com、およびいくつかの他のようなフリーランスのウェブサイトで利用可能な多くの仕事がある。人々は定期的に文章を書いたり、ブログを書いたりするだけでお金を稼ぐことができる。ブログのプラットフォームであるRead.cashは、個人がユニークなコンテンツを書いて共有することによって、ビットコインの現金を稼ぐことができる。

Making Money on Lockdown: 5 Effortless Ways to Earn Cryptocurrencies Online

BCHと他の10種類のデジタル通貨でユーザーに報酬を与えるもう一つのブログサイトが、Publish 0xというプラットフォームだ。最近のトロンフィアスコに問題がなければ、Steemit pratformでも執筆やコンテンツ制作でデジタル通貨を獲得することを選択することができる。

エアドロップを集める

Making Money on Lockdown: 5 Effortless Ways to Earn Cryptocurrencies Online

基本的に、デジタル通貨プロジェクトは、何らかの方法でコインやプロジェクトのマーケティングに協力すれば、人々にコインを配布する。例えば、プロトコルをダウンロードしたり、登録したり、ソーシャルメディアでフォローしたり、リツイートしたりすることでエアドロップ仮想通貨(暗号資産)トークンを手に入れることができ、中にはエアドロップクリエーターに受信アドレスを教えるだけで済むものもある。

仮想通貨(暗号資産)を取り扱い可能にする物品やサービス

物理的な店舗を所有していて、ロックダウンのせいで物を売ることができない場合は、BCH、BTC、ETHのような暗号通貨の商品やサービスをオンラインで販売する機会がある。この電子商取引のマーチャントサービスをオンラインで設定するのは簡単で、Bitcoin.comでは、人々が始めるのを助けるための様々なリソースに富んだガイドを提供している。例えば、支払いにビットコインの現金を受け入れたい場合は、支払いゲートウェイを活用して、どのウェブサイトにも追加することができる。

ちょっとした工夫で、誰でもオンラインでデジタル通貨を稼ぐことができる

デジタル通貨でお金を稼ぐための他の多くの方法があるように、それは、オンラインで暗号通貨を稼ぐことになると、上記のリストは、表面を軽く紹介しただけだ。これらの仕事のいくつかは、オンラインで簡単なタスクを完了することにより、副業として数ドルを稼ぎ出すことができる。または、仮想通貨(暗号資産)経済を活用して、フルタイムのキャリアを作ることを選ぶこともできる。ビデオストリーマー、コンテンツクリエーター、ライター、ブロガー、トレーダー、コンサルタント、そしてそれらの分野でフルタイムの仕事をしているマイナーがたくさんいる。

コロナウイルスのロックダウンは、経済的に大きな影響を及ぼし続けており、仮想通貨(暗号資産)のソリューションは常に人々にオンラインで資金を稼ぐための別の方法を提供している。それはいくつかの研究が必要な場合もあるが、少しの努力で、ロックダウンからそれらの失われた賃金の一部またはすべてを取り戻すことは不可能ではない。

(翻訳元:news.bitcoin.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)