【悲報】大手仮想通貨取引所、リップル(XRP)の上場に慎重な姿勢…

ripple

大手仮想通貨(暗号資産)取引所Geminiは、Litecoin、BAT、Ethereum、Bitcoinを上場している。最も流動性の高いコインの1つであり、時価総額リーダーボードでは3番目に位置しているリップル (XRP)ではない。


あるリップルの支援者は米国証券取引委員会(SEC)と2人の共同創設者にタグを付け、規制に準拠した取引所がリップル を上場していないのに、彼らは他の低時価総額のアルトコインをサポートするのに忙しいと不満を漏らしていたことを考えると、リップルの支援者を苛立たせていることになる。

今日、GeminiはBraveブラウザのネイティブ通貨であるERC-20トークンであるBATを上場すると発表した。

参考記事:仮想通貨取引所GeminiがBasic Attention Token [BAT]を上場、5月5日(火)取引開始

これを受けて、ツイッターユーザーのあるユーザーが不満を表明した。

「親愛なるSECの執行部と、Gemini暗号資産取引所 (WinklevossとTyler Winklevossが所有)へ。多くの低時価総額コインを追加したにもかかわらず、3位の暗号資産XRPを上場することを拒否したことは、明らかに市場操作に該当する」

証券を監督することを任務とする主要な規制当局である米国証券取引委員会(SEC)のタグを付けられたことで、タイラー氏は、この批判は、市場操作をしていると非難されるGeminiではなく、むしろXRP(SECはリップル を証券と認めていない)にとって有害であると反応した。

「ニュース速報:SECはすでに暗号資産を管轄している。いとこのビニー(注:アメリカの弁護士映画)の無料相談を受けて、あなたの暗号資産規制の知識を骨抜きにしたほうがいいかもしれない。」

「XRPの支持者には本当に馬鹿な荒らしがいる。米国証券取引委員会をタグ付けすることで、Rippleが証券であるという立場を取っている。」

規制は、XRPなどの顕著な特徴を持つ暗号通貨において重要な側面だ。

ブロックチェーンの分散化された性質を考えると、これらのデジタル資産はしばしば検閲に耐性があり、1つの法域で効果的に規制することはできない。

ルールを策定するには、いくつかの国やブロックの努力が必要だ。そのため、スイスではETPが利用できるXRPのデリバティブ商品がある一方で、米国ではXRPの大株主であるリップルが原告を相手取った集団訴訟で苦戦している。リップル 社CEOのブラッド・ガーリンハウス氏が被告として挙げられている。

米国SECがXRPを証券として分類した場合、その価値は急落し、結果として市場は混乱に陥る可能性がある。おそらくこれを懸念しているのだろうが、Geminiは規制が明確になるまではまだコインを上場していない。

今のところ、リップルはずっと規制当局と協力してきたし、「証券」の話はFUD(注:不安感をあおり、相手を不利な状況に立たせたり評価を下げさせたりすることで、その状況を打破する方法をもつものに目を向けさせるというアンチマーケティング手法)以外の何物でもない、とリップルの支持者は主張している。

(翻訳元:CoinGape.com

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【朗報】大手仮想通貨取引所Bitfinex、四半期ぶり増益へ

水 5月 6 , 2020
Bitfinexは2020年第1四半期に2,140万ドルの収益を生み出した。これは2019年最終四半期に持ち込まれた額の約2倍になる計算だ。