楽しい仮想通貨ライフ!

Facebookの仮想通貨(暗号資産)Libraはモデルに欠陥あり:元IMFエコノミスト発言

国際通貨基金(IMF)の元上級政策顧問は、リブラと連邦準備制度理事会との関係が不明確であるために、米国が100年以上前に捨てたのと同様の緊急プロトコルを採用するよう提言した。


1990年代後半にIMFの政策アドバイザーを務めた米国の経済学者アイシェングリーン氏は、土曜日のブログ記事で、学識経験者のガネーシュ・ヴィスワナート=ナトラジ氏とともに、Libraのホワイトペーパーの改訂版に見られる緊急時の保護は、米国が1913年に連邦準備制度理事会(FRB)を設立する以前に銀行の暴走を防ぐために使用していた清算機関の証明書に類似していると述べた。

アイシェングリーン氏とヴィスワナト・ナトラジ氏は、緊急時にFRBが最後の貸し手としてLibraを助けるために介入するかどうかは明らかではないと書いている。その代わりに、ネットワーク事業者は、Libra の価値を支える実物資産の積立金である Libra Reserve から資金が持ち出されるのを防ぐために「償還ステイ」を発行したり、早期償還を希望する人に追加のペナルティを課したりすることができると提案している。

「金融史家は、これらの装置が何であるかを認識するでしょう。これらは、19世紀に米国の銀行グループが銀行の暴走や金融危機に対応するために発行した清算機関証明書に似ています」とアイシェングリーン氏とヴィスワナト・ナトラジ氏は言う。

1850年代から、アメリカは民間の清算機関のネットワークに頼って、ローン証書を発行して銀行の暴走を防いでいた。これは、一つの銀行が発行した紙幣に対する市場の信頼がどん底に落ちたときに、支払い手段としてこれを引き継ぐことができる準通貨の一形態として機能するという考えであった。

しかし、アイシェングリーン氏とヴィスワナト・ナトラジ氏が論じているように、この民間決済システムは 「すべてのドルが他のすべてのドルと同じくらい良いものではない」という状況を生み出した。そして、1913 年に連邦準備制度の設立につながったのは、この不満足な状態であった。

アイシェングリーン氏とヴィスワナト・ナトラジ氏は、連邦準備制度との関係がより明確になるまでの間、Libraの緊急プロトコルはその場しのぎのものに過ぎないと考えているようだ。彼らはLibraのホワイトペーパーの一部を引用しているが、危機時に緊急流動性を提供するために、不特定の「第三者管理者」を入れることができると述べている。

しかし、それはすべてFRBがLibraを支援することを選択するかどうかにかかっており、Eichengreen氏とヴィスワナト・ナトラジ氏は、「ホワイトペーパーの著者は、FRBがLibraUSDの市場に対する最後の貸し手として準拠するかどうかについて疑問を持っている」と主張している。

今月初めに発表されたLibraのホワイトペーパーの改訂版では、30種類の不換通貨のバスケットに固定されたデジタル資産を1つ立ち上げるという当初の計画を撤回し、異なる不換通貨と1対1で固定された一握りの安定通貨を発行することにした。

Libraが政府が発行する通貨のライバルになる可能性があると言っていた政治家や中央銀行家にとって、事実上Libraにとって大きな譲歩であった。

しかし、アイシェングリーン氏もヴィスワナト・ナトラジ氏も、Libraが通貨主権にどのような影響を与えるかについては、まだ答えの出ていない疑問があると主張している。「他国の住民がLibraUSDに移行した場合、その国の中央銀行は通貨発行権を獲得する能力を失うことになる。その国の中央銀行は、金融情勢をコントロールできなくなります。その国の金融市場を支える能力を失うだろう」とブログの記事には書かれている。

(翻訳元:coindesk.com

Bybit(バイビット)で快適な仮想通貨トレード

BITなどの注目銘柄を購入したり、最大レバレッジ100倍で仮想通貨FX取引が可能な暗号資産取引所Bybit(バイビット)。

先着で必ず10BIT(2~3000円相当)がもらえる!初回入金キャンペーンが開催中です。bybit-campaign