【悲報】リップルの価値はゼロになる?:アナリスト分析

XRPは、仮想通貨(暗号資産)市場の最近の上昇気流に乗れている。3月の安値0.11ドルから、100%以上の上昇を見せたのだ。先週ビットコインが9,400ドルを突破したことで、リップル は0.23ドルを突破し、マクロ的な下降トレンドの後の強さを示している。


この回復はさておき、トップアナリストは、リップル は現在、弱気のマクロポジションにあると考えている。ある著名なトレーダーは、それがXRP保有者のための “最後の砦 “であるとさえ言っている。

XRPホルダーにとっての「最後の砦」

1980年以来のコモディティと資産トレーダーであり、テクニカル分析の専門家でもあるピーター・ブラント氏によると、XRP/BTCのチャートは現在、強気派のための「最後の砦」を形成しているという。

「このチャートは、リップル の保有者が最後の砦として.000023BTCから.000024BTCでXRP/BTCをサポートしていることを教えてくれています。19年10月以降、売り手はより積極的になっています。もし買い手が手を引いた場合、.000011まで下落することが期待されます」

ピーター・ブラント氏

とブラント氏は書いており、以下のチャートのサポートがほぼ失われていることに言及している。

XRP/BTC 出典:TradingView

ブラント氏は、このリップル という資産が “ゼロへの道を歩んでいる “ことを後のツイートで付け加えた。最近の高騰を考えると驚くべき発言だが、彼は過去にも同様のコメントをしており、3月にはXRPのチャートがマクロ的に弱気であることを指摘している。

リップル は弱気なだけではない

XRPがビットコインに対して劇的に下落すると考えているのはブラント氏だけではあらない。

Bitcoinistの以前のレポートによると、Brave New Coinの暗号アナリストであるJosh Olszewicz氏は最近、以下のチャートを共有した。

ブラント氏のチャートのように、このチャートでは、XRPが過去8ヶ月の安値から崩壊していることを示している。このチャートはまた、XRPが過去の流動性が不足している領域に入っていることを示しており、価格がすぐにこのレベルを突破して下落する可能性があることを暗示している。

XRP/BTC chart bearish
Josh Olszewicz氏のチャート

テクニカルは、オンチェーンのメトリクスによってのみ裏付けられている。

Olszewicz氏は、暗号資産に関するビデオ分析の中で、リップル のオンチェーンの見通しは、現在、ポジティブとは程遠いものに見えていると述べている。

平均取引量とXRPの台帳上のアクティブアドレス数の両方が2018年の高値から減少している。同時に、XRPのNVT(ネットワークの経済活動を判断するために使用される比率)は低い傾向にある。

ビットコインが輝く時が来た

アナリストは、ビットコインはすぐに大多数のアルトコインを上回るだろうと言いる。この主張が真実であれば、XRP/BTCの下落は避けられないことを意味する。

Blockfyreのテクニカル分析の責任者は、先月末、半減期に付随して発生するボラティリティーはアルトコインを “ボコボコにする”だろうと書いている。彼の見方では、アルトコインはファンダメンタルズに基づかない理由で上昇するため、常に「椅子取りゲーム」であると続けた。

「アルトコインが納得できないのは、ほぼ全てのアルトコインが同じ動きをしているからだ。」

(翻訳元:Bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)