【噂】ビットコインの急騰に潜むテザーの影【ステーブルコイン】

またしてもテザー!

長年にわたり、ビットコインの価格を押し上げる方法としてテザーがビットコインと結びついているという噂は膨らむ一方だ。テキサス大学のジョン・グリフィン教授は過去に、私たちが目撃した2017年のビットコインの暴落は、実際には物議を醸しているステーブルコインであるテザーを使ったトレーダーがビットコインの価格が下がるたびにビットコインを購入していたことが原因であったと示唆する報告を発表している。

ステーブルコインとは、米ドルやユーロ、円などの不換紙幣によって支えられている通貨のことだ。テザーが米ドルに支えられていると言われていることから、誰かがビットコインを購入するためにTetherを使用するときは、ビットコインを米ドルと結びつける。報告書からは、Tetherがビットコインを購入するために一貫して使用されていたことを考えると、BTCは3年前にその最高の高騰を経験したことが記載されている。

これは、2018年にビットコインが70%以上の価値を失う大規模な下落を経験したように、潜在的な操作に関する疑問と懸念につながっている。世界第1位のデジタル資産を1単位あたり2万ドルにした急騰にもかかわらず、2019年に「こんにちは」と言う準備が整う頃には3,000ドル台半ばまで下落していた。

本稿執筆時では、ビットコインは8,800ドル以上で取引されており、わずか1.5ヶ月前に比べればかなり堅調だ。この通貨は、あらゆる角度から市場を襲ったCOVID-19パンデミックのおかげで、3月中旬には(一時的に)3,000ドル台の安値で取引されていた。貴金属、株式、その他の資産はハエのように下落し、ビットコインは2018年以来の最悪の市況に苦しんでいた。

しかし今では、ビットコインは再び自分自身を取り戻し、先週は9,500ドル近くまで急上昇したが、証拠は、これはおそらく半減期が近づいていることが原因ではなく、むしろ仮想通貨取引所バイナンス上で発生した大規模なテザーの転送が原因であることを示唆している。

マルタに拠点を置くこの暗号資産取引所は、先週、取引プラットフォームを通じてビットコインを購入するために5,000万ドルものテザーが使用されたと報告している。数時間後には、ビットコインはその全体的な時価総額に約300億ドルを追加することになった。これは偶然だろうか?一部のアナリストはそうは考えていない。

テザーの発行増加

ホエール(クジラ)アラートとして知られるTwitterボットがこの取引を拾った。Bitfinexはこう報告している。

水曜日に、私たちは莫大な購入活動を目撃したが、私たちのプラットフォーム上の高いレベルの流動性とスケーラビリティから明らかなように、シームレスにこれらのすべての要求にサービスを提供することができた。

本稿執筆時点では、Tether, Ltdは、テザーの発行を増加させている。これまでのところ、同社は追加のTetherで10億ドル以上を造幣している。同社は何か大きなことを計画しているようで、それは2018年が潜在的に再びすべてを巻き戻す可能性があるという懸念もあるが、それは、同時に私たちは次の数週間の間にビットコインの爆発的な高騰を見るかもしれないことを意味する。

(翻訳元:LiveBitcoinNews.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)