【アルトコイン】イーサリアム2.0は次世代の仮想通貨システムの主流となるか?【DeFi】

世界第2位の仮想通貨(暗号資産)であるイーサリアムは、アップグレードとコイン全体のパフォーマンスの両面で、ここ数年で大きな成長を遂げている。


実際、イーサリアムの企業利用を進める標準化団体、イーサリアムアライアンスは2017年、すべての企業に権限を与えるためのオープンスタンダードとして、イーサリアムブロックチェーン技術の利用を推進することも約束していた。

あれから3年が経ったが、アライアンスはその期待に応えたのだろうか。ConsenSysの創設者であるJoseph Lubin氏は、その通りだと考えている。

最近開催されたカンファレンスであるEthereal SummitでLubin氏は、アライアンスはエコシステムに影響を与え、期待や主張に応えているとの見解を示した。彼は次のように述べている。

「外から見ていると気づきにくいものです。しかし、アライアンス内部から見ると、驚くほどの価値ある活動が行われています。アライアンスの大きなミッションは、その標準化規格を見いだすことでした。何を中心に構築するのか、そしてそれはイーサリアムをこれほどまでに利用しやすくするために重要なことでした。」

現時点では、イーサリアム2のアップグレードが注目の的となっている。イーサリアムコミュニティとエコシステム全体がこのアップグレードを待ち望んでいる。しかし、イーサリアム2は本当にイーサリアムエコシステムの次の大きな波なのだろうか?

見たところ、イーサリアム2はエコシステムに起こりうる次の大きなもののように見える。PoWからPoSへの移行は、イーサリアムがセキュリティとエネルギーの浪費[マイニング]を減らすことを優先していることを考えると、非常に必要なステップだ。最も重要なことは、このアップグレードはユーザーだけでなく、開発者にとっても恩恵があることだとLubin氏は述べている。と彼は付け加えた。

「開発者にとっては、OSのアップグレードのような感じになるでしょうし、より多くの機能への有機的な移行となります。問題を解決し、新しい機能を考え出すことにつながるでしょう。」

分散型金融[(Decentralized-Finance:DeFi)]は、現在飛躍的に成長しているもう一つの大きなセクターだ。イーサリアムをベースにしたDeFi市場は、3月の暴落後に力強い回復を見せたことで、有望なセクターであることが証明されている。これにより、DeFiはニッチ市場から主流の金融へと移行し始めている。この急成長について、Lubin氏はさらに次のようにコメントしている。

「このアップデートの全てが、世界のガバナンスをはるかに粒度の高いものにします。そして、人々はさまざまなプロジェクトで独自のトークンを作成できるようになるでしょう。個人や小さな組織がより経済的なエージェンシーを持てるような、”エンパワーメント”な未来になると思います」

(翻訳元:ambcrypto

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)