イラン大統領が仮想通貨のマイニング戦略の立ち上げを呼びかける

イランのハッサン・ルーハニ大統領は、石油国全体にマイニング戦略を呼びかけている。イラン大統領の最新の発言は、イランが「通貨密輸」の義務化をめぐり、特定の仮想通貨取引プラットフォームを制限する動きに続くものだ。

2020年5月20日、イランのハッサン・ルーハニ大統領は報道陣に対し、米国の制裁の中で国が経済的に繁栄するためには、仮想通貨のマイニング戦略に拍車をかける必要があると語った。地域のニュースアウトレットArzdigitalの報道によると、ルーハニ氏はイランの仮想通貨マイニング戦略の草案作成をできるだけ早く開始するように政権に伝えたという。

ルーハニ氏は、エネルギー省、国の中央銀行、財務相がビットコインマイナーを歓迎する新しいスキームを考案する必要があると述べた。これには、国内にあるマイニングファームに対するイランの規制政策や税金などが含まれている。

イランは昨年、仮想通貨のマイニング事業を正式な産業として認めた。イラン当局はすでに、イラン政府に協力する意向のあるファームにライセンスを発行している。

2020年1月には、イランの法律家が国内で1,000以上のマイニング事業を認可したと報道された。2019年の夏の間に、イランはビットコインネットワークの全世界のハシュレートの2%を占めていた。しかし、それ以来、最近の移行は、統計によると、イランは現在、全体のハッシュレートの4%を持っているようにしている。

イランの大統領、仮想通貨のマイニング戦略を検討

2020年5月23日現在、イランはビットコインネットワーク全体のハッシュレートの4%を占めている。

イラン政府が国際的なクリプト取引所が同国と連携して運営することを難しくしたことを受けて、ルーハニ氏の発言は少し混乱している。今週、イラン議会は、国際的な暗号取引所への規制を強化することで「通貨の密輸」を抑制することを目的とした提案を発表した。本質的には、イラン議会はイランに拠点を置く取引所にライセンスを与え、通貨密輸の義務に従うことを求めている。

投機家は、イランが資金を海外で使われないようにしようとしており、国際的な操作を行うイランのクリプト取引所に圧力をかけることで、資本流出を潰したいのではないかと推測している。イランは、米国から重度の制裁を受けているにもかかわらず、仮想通貨の革新により繁栄しており、マイニング産業の地域への移行を奨励している。

データによると、イランのマイニングファームでは、1時間あたりのキロワット料金が0.01~0.05ドルと低い。しかし、特定の時期には、イラン政府は、電力需要が高い場合、マイニング事業のために電気料金がシフトする可能性があると述べている。

(翻訳元:news.bitcoin.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)