アルトコイン「IOTA」が生活に与えるインパクト

  • IOTAなどのプロジェクトを見ていると、IoTに関する情報が氾濫しているが、実際のところはどうなのだろうか?
  • ブロックチェーンが私たちの日常生活の一部になるためには、インターネットベースの製品の中にブロックチェーンが組み込まれる必要がある。
  • IOTAのようなプロジェクトを見ていると、IoT、モノのインターネットについての情報が飛び交っているが、これは本質的にで何を意味しているののだろうか?

IoTは、ブロックチェーン革命の必然的な部分と見ることができます。ブロックチェーンが私たちの日常生活の一部になるためには、ブロックチェーンがインターネットベースの製品の中に組み込まれているのを見る必要があります。これはまさにIoTとは、相互接続性のインターネットのことであり、現実の生活資産がインターネット上で動作することになるが、この文脈上ではブロックチェーン上で動作することになるという解釈もできる。

目標

上記の「すべてのモノがブロックチェーン上で動作する」ということ、これはまさにIOTAが実現したいことだ。これは、いくつかのパートナーシップや外部プロジェクトを見れば明らかだ。しかし、ブロックチェーンの採用を推進しているのはIOTAだけではない。

こららも参照:ブロックチェーンとIoTの違い

ブロックチェーンはIoTの基盤技術だ

ブロックチェーンはインターネットの延長線上にあると見ることができ、インターネットはそれだけでは管理できなかったことを可能にする。

ブロックチェーン技術はインターネットをより安全で高速な場所にすることができるので、AIを強化することでより良い意思決定を可能にし、インターネットに接続されているすべてのもののパフォーマンスを向上させることができる。

ブロックチェーンに関しては、一般的に中間管理者の必要性を排除している。これが何をもたらすかというと、我々のテクノロジーは、これまで以上にユーザーフレンドリーで、さらに便利になるということだ。IoTが重要な点は、それが本当に革命的であるということだ。我々の素晴らしい技術をさらに良くする準備ができている唯一の革命的技術であり、私たちが次の技術革命に向けて1つの大きな飛躍をするのに役立つだろう。

(翻訳元:cryptodaily.co.uk

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)