インフレかデフレか?2人の億万長者が異なる思惑でビットコインに賭ける

ポール・チューダー・ジョーンズ氏の後、もう一人の億万長者でありベンチャーキャピタル投資家であるチャマス・パリハピティヤ氏が昨日CNBCに登場し、ビットコインへの好意と株式市場との非相関性を表明した。


参考記事:【朗報】伝説の投資家「ビットコインは金だ」全資産の2%をビットコインに変える

参考記事:【朗報】「ビットコインを買え」の声が世界中に波及する

それにもかかわらず、彼らの賭けは、実際には反対の見解に基づいている。ジョーンズ氏がインフレヘッジとしてBTCを利用しているのに対し、パリハピティヤ氏はデフレスパイラルを示唆している。さらに、後者のシナリオの場合、ビットコインや金などの資産価格が再び下落する可能性がある。

インフレか、デフレスパイラルの下降か?

COVID-19に蹂躙された経済は、世界的な景気減速が避けられず、両者の間で引き裂かれている。政府は市場の流動性を維持するために現金を大量に刷り続けている。米ドルの供給量の増加は、高インフレの始まりを示唆している。しかし、信用不安や雇用不安、GDPの減少により、投資家が現金に群がる可能性がある。したがって、現金の需要が増加し、支出が減少すると、商品やサービスの価格が下落する可能性がある。

パリハピティヤ氏は、長い間ビットコインを擁護している。実際、ここ数年の彼のベンチャーキャピタル・ファンドの成長は、ビットコインの成長に起因している。彼は、ビットコインは現在の経済におけるデフレスパイラルの最大の指標の一つであると指摘している。

「世界最高のテクノロジー企業は、文字通り何十億もの消費者に、特にお金を使わないでいいことを教えてくれています。私の考えは、明日を待てば、より少ないお金でより多くのものを手に入れることができるというものです」

とはいえ、どちらにしても危機は避けられないようだ。パリハピティヤ氏はツイートで指摘する。

「私はデフレかつ買いと言い、彼はインフレかつ買いと言い、他の人は単に買いと言っています。」

すべては相対的なもの

さらに、ビットコインとともに株式市場も上昇している。これは多くの人にとっては驚きだが、それでもFRBによる金融注入は資産価格を上昇させ続けている。しかし、支出が減少していく中で、デフレスパイラルが発生し、資産価格が下降する可能性がある。また、最近は株式市場との相関性が高いことから、ビットコインも、より深い下落のダメージを受ける可能性がある。

しかし、経済の中での損益は相対的なものであるため、ビットコインの供給量や相関関係は限られている。ビットコインと金の供給量が限られていることと、ビットコインと金の相関関係が認められていることから、危機的な環境下でのビットコインの成長が期待されている。主要なデリバティブ・トレーダーであり、アナリストでもあるトーン・ベイズ氏は次のように述べている。

「皮肉なことに、ポール・チューダー・ジョーンズが#ビットコインを推奨している理由は、「デフレ」ではなく「インフレ」をヘッジするためだ。しかし、この人たちが$BTCの価値を認識するようになるのは良いことだ。」

(翻訳元:CoinGape

Share
Bybit(バイビット)に登録して手数料10%オフ!

当サイトから仮想通貨取引所Bybit(バイビット)に登録すると手数料10%オフの状態で登録できる。手数料のディスカウントを活用して、トレードを有利に進めよう。



Next Post

【朗報】ビットコインが重い抵抗を突破、このまま10000ドルまで突っ走るか

木 5月 14 , 2020
ビットコインは、米ドルに対して9,000ドルと9,100ドル付近の主要なレジスタンスゾーンを突破した。BTC価格は勢いを増しており、すぐに9,500ドル以上に上昇し、10,000ドルを試す可能性がある。