もし6年前にリップルを買っていたら、今頃どうなっている?

ripple

リップル(XRP)は、ここ数年あまりうまくいっていない。リップルが約3.30ドルで最高値を記録して以来、それは3月のクラッシュによって中断され、断崖絶壁的な下落にあい、0.11ドルという史上最高額よりも96%以上低い額で取引されている。

それでも、暗号資産のトレーダーからの最近の観察では、リップルを充分前に購入したならば、まだまだXRP投資の利益に十分にあるだろうことを示している。


リップルは過去78ヶ月間で67倍に

仮想通貨(暗号資産)トレーダーのCredible Cryptoは最近、XRPのパフォーマンスが低いにもかかわらず、長期的な観点から見ると、まだ劇的にBitcoinを上回っていると発言した。

下のCredibleのチャートは、この点を説明している。仮想通貨(暗号資産)市場が6年前の2014年に底を着けて以来、XRPは67,000%上昇しているのに対して、ビットコインは40,000%の上昇にとどまっている。

つまり、2014年の底値で1,000ドル相当のXRPを購入した場合、同じ金額は現在67,000ドルの価値があることを意味する。

注目すべきは、それで終わりというわけではない。チャートはまた、底値のXRPを$ 1,000で購入した場合は、強気市場のピーク時に販売した場合、$ 941,000の利益が出ることを示している。もう少しで7桁の大台である。

いずれにしても、Credibleはこれを機に、あまりよくないセンチメントにもかかわらず、ビットコインと比較した場合でも、XRPはまだ適切な投資であることを彼のフォロワーに思い出させることになった。

下落の余地あり、アナリストは語る

残念なことに、アナリストはXRPが史上最高値以来、それが戻ってくるのは厳しいだろうと予測している。

Bitcoinistからの以前のレポートによると、人気のある暗号資産技術者は最近、資産の長期的な技術的な構造は強気なものではなく、むしろ非常に厳しいものであるという考え方を共有している。

あるトレーダーは下のチャートを示して、主要な水平サポートエリアでの「二重否定」が起こっているということ、そしてXRPが現在、歴史的に流動性がほとんどないエリアに入っているという事実を指摘している。

“これは今まで見た中で 最も恐ろしいチャートの一つです。私はこれを持っていたいとは思わない。”

この恐怖は、長年のコモディティトレーダーであるピーター・ブラントによって発信されている。

アルトコインが先月(3月)のクラッシュの真っ只中にあったとき、ブラントは分析の中で、彼はXRPがチャート上でそれ自身の下に「余白」しかないと考えていると指摘し、ほとんどサポートがないことを示している、と言っている。彼はこうも付け加えている。

“私は再びXRPのチャートを投稿しないと言いました。しかし、このことが意味するものに興味を持っているかもしれないと思ったので投稿します… “下のホワイトスペース(余白)です”

(翻訳元:bitcoinist.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)