ハット8:コロナウイルスに侵されたマイニング企業

コロナウイルスは、仮想通貨(暗号資産)の分野に恐ろしい影響を与えているが、その一番の犠牲者は仮想通貨(暗号資産)マイニング企業だ。カナダのベンチャー・仮想通貨(暗号資産)マイニング企業であるハット8マイニンググループは、COVID-19(コロナウイルス)に打ちひしがれている。


ハット8が大打撃

最近、同社は運営を安定させる方法について、いくつかの懸念事項を詳述した声明を発表した。ハット8によると、ビットメインやマイクロBTなどの企業からの新しい機器の納入が大幅に遅れているという。

コロナウイルスは、これらの企業が割り当てられた時間内に必要な製品を生産するために必要な多くの注文を滞らせている。ハット8社は、納品時期がいつになるか分からないため、マイニングスケジュールを維持するのに苦労することになるだろう。

CEOのアンドリュー・キゲル氏は説明する。

3~4週間前には、これらのことが問題になるとは誰も思っていませんでしたし、世界は今、ビットコインのマイニングマシンとは対照的に、世界中で人工呼吸器やマスクを入手するような別のサプライチェーンの問題に取り組んでいます。

結局のところ、仮想通貨(暗号資産)マイニングは本質的なビジネスベンチャーとは見なされていないということで、多くの企業が完全にシャットダウンするか、今後数ヶ月間(または世界的なロックダウンが実施される限り)生産量の見通しを下げなければならないだろう。Riot Blockchainのような企業も同様の問題を経験しており、労働者の多くがリモートで業務を行っているか、隔離されている。

さらに、新しい機器の入荷が間に合わず、残っている顧客が求めている製品を提供することができない。

カリフォルニア州のDigital Farmsのような他の企業は、ロックダウンが解除されるまでの間、無期限に事業を閉鎖し、当分の間、すべてのマイニング作業を中断すると報告されている。

ハット8は、現在の状況がこれをかなり困難にしているが、可能な限り存続する予定だと言っている。Kiguelによると、今年の5月中旬に予定されているビットコインの半減期は、おそらく物事をより簡単にはしないだろうという。ビットコインマイナーは、経済見通しの低下による価格の下落のおかげで、ここ数週間ですでに受け取る報酬額が大幅に減少している。

5月に予定されている半減期は、さらに報酬を減らす可能性が高く、マイニング部門に深刻な問題をもたらす可能性がある。

将来のプラン

キゲル氏はこう述べる。

私たちはシナリオプランニングを行いました。将来へのプランは様々あります。

ハット8は2018年に主要事業を開始し、翌年にはハッシュパワーを高めるための真剣な試みを行ってきた。最終的に、Hut 8は2019年に年収6000万ドル近くを稼ぎ出したが、これは前の12ヶ月間に稼いだ額を66%も上回っている。

(翻訳元:livebitcoinnews.com

Share

仮想通貨自動売買プラットフォーム“はむとれ”

おすすめ取引所:Bybit

bybit(バイビット)

2020年5月1日、世界有数の仮想通貨(暗号資産)取引所であるBitMEX(ビットメックス)が日本国内のユーザを閉め出した。また、国内最大の取引所であるbitFlyerもFX取引(bitFlyer Lightning)の新規ユーザ参入を打ち切った。そんな中、同じ追証なし、最大レバレッジ100倍対応の取引所として日本市場で台頭してきており、勢いを増しているのがBybit(バイビット)だ。

bybitは次のような他の取引所にはないメリットを持っている。

  • 世界有数の流動性
  • 爆速の注文速度、サーバー堅牢性
  • 顧客の資産はコールドウォレットに保存
  • ありがちな出金制限なし、安心して入金できる
  • 初心者でも簡単に操作できる、非常に使いやすいスマホアプリ
  • 最大100倍レバレッジ
  • ゼロカット追証なし
  • 自動利食い・損切り機能
  • 90$相当のBTC入金ボーナス
  • 素早く丁寧なサポート体制

アカウント作成はこちらのパートナーリンクから。(本人確認は不要でメールアドレス 又は携帯電話番号のみで作成可能だ)。


bybitに登録(PC)
bybitに登録(スマートフォン)